韓国大統領府首席秘書官「文大統領のレームダックはない」…「日本の見下した態度は不快だ」

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
韓国大統領府首席秘書官「文大統領のレームダックはない」…「日本の見下した態度は不快だ」
韓国大統領府の李哲熙 政務首席秘書官(画像提供:wowkorea)

韓国大統領府の李哲熙 政務首席秘書官(画像提供:wowkorea)

青瓦台(韓国大統領府)のイ・チョルヒ(李哲熙)政務首席秘書官は「ムン・ジェイン(文在寅)大統領のレームダック(任期中だが政治的影響力を失った状態)はない」と語った。

イ首席秘書官は 韓国のラジオ番組で「私は、レームダックはないと考える」と伝えた。

その理由について「我々がうまくやっているので(レームダックは)『ない』ということをお話ししたいのではない。今 新型コロナウイルス感染症危機が続いているではないか。この政府は最後まで コロナ危機克服のために、それが危機克服に終わらず 新たな飛躍へと進むための準備をしなければならないため、我々の意志とは関係なく これはしなければならないことだ」と語った。

つづけて「危機克服という大きな宿題をしているため、『レームダックだ』と余裕のあるような言葉を言うことのできる状況ではないと考える」と付け加えた。

今回のG7サミットについて イ首席秘書官は「非常に満足している。わが国がどこに行っても、もてなしを受ければ非常に嬉しい」と評価した。

また 菅義偉首相との会談が霧散となったことについては「言いたいことは多いが…」とし「(日本と)うまく付き合いたいと思っているが、これについては 日本が国内の政治要素のために そのようにしたのかもしれないが、突拍子のないことを言い 見下した態度を示していることは不快だ」と語った。
2021/06/17 09:08配信  Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 96 最終更新:2021/06/17 09:10


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2021AISE Inc. All Rights Reserved.