「使用済みマスクによる環境汚染を防げ」…マスク新技術の特許出願が急増=韓国

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
「使用済みマスクによる環境汚染を防げ」…マスク新技術の特許出願が急増=韓国
「使用済みマスクによる環境汚染を防げ」…マスク新技術の特許出願が急増=韓国

「使用済みマスクによる環境汚染を防げ」…マスク新技術の特許出願が急増=韓国(画像提供:wowkorea)

昨年、新型コロナウイルスの大流行でマスクの消費量が急増した中、マスクによる環境汚染を防止するための特許出願も増加したことがわかった。

特許庁によると、環境汚染を防ぐためのマスク関連技術に対する特許出願が、新型コロナウイルスの大流行が始まった昨年は112件で、2011年から2019年までの年間1~13件に比べ飛躍的に増加した。これは新型コロナウイルスの大流行以降に使用済みマスクの廃棄量が大きく増えたことで、環境汚染の深刻さを認識し、技術的な解決法を探った努力の結果とみられる。2011年から昨年までのここ10年間で、環境汚染防止の側面から特許出願されたマスク関連技術は計143件だ。マスク素材原料からマスクの構造・機能、製造、廃棄、およびリサイクル関連技術全般において、環境問題を解決しようとする発明が続けられている。

技術別の出願の割合をみると、生分解性素材14件(10%)、繰り返し使用できるマスク104件(73%)、使用済みマスクの収去・処理21件(15%)、使用済みマスクのリサイクル4件(3%)、などと調査された。最も高い割合を占めている「繰り返し使用できるマスク」は、技術がすでに商品化されている分野で、新型コロナウイルス大流行以前にも出願されてきた。特に、最近は環境にやさしい新素材、廃棄物資源化関連の技術がマスク分野でも活用され、環境汚染防止効果がより改善されている。

出願人別では、個人(71.3%)、企業(27.3%)、大学・研究所(1.4%)などと、個人による出願の割合が高いと集計された。個人がマスクを日常的に使用するため、経験を通じて得たさまざまなアイディアが特許出願につながっていると解釈される。
2021/06/09 10:54配信  Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 85


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

おすすめ情報
新しい映画配信サービス「JAIHO」で独占配信する世界各国の映画祭で絶賛の韓国インディーズの傑作『小公女』予告編&ポスタービジュアル&場面写真解禁

永遠の命を巡る壮絶な戦いを描く、SFエンターテインメント!「SEOBOK/ソボク」予告編&ポスター公開

コン・ユとパク・ボゴムどっちを選ぶ?映画「SEOBOK/ソボク」全3種類のムビチケ発売決定!

韓国でNO.1!大ヒットスタート!!  コン・ユ × パク・ボゴムが贈るSFエンターテインメント SEOBOK/ソボク公開決定・ティザービジュアル・予告編<第一弾>

真髄と夢のルーツを探るドキュメンタリー映画『ジェジュン:オン・ザ・ロード』 公開日が2021年7月2日(金)に決定!ポスタービジュアル&予告編映像も本日解禁!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2021AISE Inc. All Rights Reserved.