元徴用工訴訟、三菱重工業が「韓国内の資産差し押さえ手続きの差し止め」を求めて再抗告=韓国

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
元徴用工訴訟、三菱重工業が「韓国内の資産差し押さえ手続きの差し止め」を求めて再抗告=韓国
元徴用工訴訟、三菱重工業が「韓国内の資産差し押さえ手続きの差し止め」を求めて再抗告=韓国

元徴用工訴訟、三菱重工業が再抗告=韓国(画像提供:wowkorea)

韓国の元徴用工訴訟で賠償命令を受けた三菱重工業が韓国内の資産差し押さえ手続きの差し止めを求めて「再抗告」したことがわかった。

 11日、法曹界によると三菱重工業側は特許権の差し押さえ命令の抗告を棄却した大田地裁に前日(10日)「再抗告」を行ったという。

 今年2月、裁判所は「同事件に関する執行債権は韓日請求権協定の対象にならないという大法院(日本の最高裁判所に相当)の判決がある」とし「韓日請求権協定に伴う仲裁委員会仲裁手続きが行われないなど(強制執行)障害事由があるという三菱重工業の主張に理由はない」と明らかにしている。棄却決定正本は公示送達され、去る6日0時に効力が発生した。

 今回の「再抗告」は大法院(最高裁)が受け持つことになる。

 元徴用工と遺族は2012年10月、光州地裁に三菱重工業を相手取って損害賠償訴訟を起こし、2018年11月、「被告は原告に1人当たり1億~1億5000万ウォンの慰謝料を支払うように」という最高裁の確定判決を受けた。

 その後、元徴用工らは慰謝料の支払いを見合わせている三菱重工業を相手に、2019年3月22日、大田地裁を通じて、韓国内の商標権2件と特許権6件を差し押さえる手続きを踏んだのに続き、売却命令も申請した。
2021/05/11 15:35配信  Copyrights(C)wowkorea.jp 2 最終更新:2021/05/11 15:43


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

おすすめ情報
新しい映画配信サービス「JAIHO」で独占配信する世界各国の映画祭で絶賛の韓国インディーズの傑作『小公女』予告編&ポスタービジュアル&場面写真解禁

永遠の命を巡る壮絶な戦いを描く、SFエンターテインメント!「SEOBOK/ソボク」予告編&ポスター公開

コン・ユとパク・ボゴムどっちを選ぶ?映画「SEOBOK/ソボク」全3種類のムビチケ発売決定!

韓国でNO.1!大ヒットスタート!!  コン・ユ × パク・ボゴムが贈るSFエンターテインメント SEOBOK/ソボク公開決定・ティザービジュアル・予告編<第一弾>

真髄と夢のルーツを探るドキュメンタリー映画『ジェジュン:オン・ザ・ロード』 公開日が2021年7月2日(金)に決定!ポスタービジュアル&予告編映像も本日解禁!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2021AISE Inc. All Rights Reserved.