日経新聞、韓国文政権残り1年「若者の反乱が始まった」

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
日経新聞、韓国文政権残り1年「若者の反乱が始まった」
日経新聞、韓国文政権残り1年「若者の反乱が始まった」(画像提供:wowkorea)

日経新聞、韓国文政権残り1年「若者の反乱が始まった」(画像提供:wowkorea)

ムン・ジェイン(文在寅)大統領が就任4周年を迎えた中、日本経済新聞が、若者の反乱が始まったと報じた。 「公正」と「定義」で始まった政権だが、4年間で不平等は、よりひどくなったと酷評した。来年3月の次期大統領候補として浮上する、ユン・ソクヨル(尹錫悦)、イ・ジェミョン(李在明)などは若者の支持を得ている共通点があると説明した。

10日、日本経済新聞は「残り1年のムン・ジェイン政権、若者の反乱が始まった」というタイトルで、女子大生がアルバイトをして貯めた100万ウォン(約10万円)で、暗号資産(仮想通貨)の取引に投資したところ、たった1か月で500万ウォン(約50万円)の利益が出た事例、サムスン電子に通っていた従業員が暗号資産に投資し、巨額を貯蓄した後、退社した事例など、20〜30代の若者が、暗号資産に投資をする、最近の流行を紹介した。業界によると、韓国は全世界の仮想通貨取引の10%を占めると明らかにした。

若者がリスクの高い暗号資産投資に引き寄せられる理由として、将来への強い不安を挙げた。日経新聞によると、2017年5月ムン・ジェイン政権が就任してから、4年ぶりにソウルのマンション価格は8%上昇した。マンション平均価格11億ウォン(約1億1000万円)は、30年間稼ぎ貯蓄しても難しいレベルだ。日経新聞は「まじめに働くだけでは家を買うことができない」とし「暗号資産や株式投資で、人生の一発逆転を狙う風潮がまん延し始めた」と批判した。

ムン・ジェイン政権の誕生は、パク前大統領の不公正に対する怒りであり、文政権が掲げた「工程、公平、正義」は有権者の支持を受けた。実際に、2020年の総選挙では、民主党は全体議席の60%を確保した。

しかし、日経新聞は「文政権が国民の期待に応えなかった」と不平等の格差はより大きくなったと指摘した。新韓銀行によると、資産上位20%の平均資産は、昨年12億374万ウォン(約1億1765万円)で、2018年より10%増加したのに対し、下位20%は2715万ウォン(約265万円)で4%減少した。

それでも高い支持率だったのは、「K-防疫」と呼ばれる新型コロナ防疫だったが、やはりワクチンの確保の遅れに対する不満が出てきたという分析だ。新規感染者も、一日500人前後で減少していない。4月23日の世論調査で、政府のコロナ対応に対する不支持が1年2か月ぶりに支持率を上回った。

以降、4月7日のソウル、プサン(釜山)市長選挙で民主党は惨敗した。ソウルは18〜30代の5%、18〜20代の男性、70%以上が保守派である“国民の力”を選んだ。いわゆる20代の男性を指す「20代男」の反乱が始まったと新聞は評価した。

日経新聞は最後に、「文政権が1月に発足した“高位公職者の犯罪捜査処”は定員割れで悩んでいる」とし「強大な権力を振り回してきた検察に代わって、公務員の腐敗を捜査する新しい組織だが、次期大統領選の結果により、ふりだしに戻る可能性もあり、検査と捜査官支援の動きが鈍い」と述べた。
2021/05/10 21:35配信  Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 78 最終更新:2021/05/11 09:05


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2021AISE Inc. All Rights Reserved.