韓国原子力学会「日本政府は謝罪し、汚染水の情報を公開せよ…過度な恐怖を警戒」

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
韓国原子力学会「日本政府は謝罪し、汚染水の情報を公開せよ…過度な恐怖を警戒」
韓国原子力学会「日本政府は謝罪し、汚染水の情報を公開せよ…過度な恐怖を警戒」(画像提供:wowkorea)

韓国原子力学会「日本政府は謝罪し、汚染水の情報を公開せよ…過度な恐怖を警戒」(画像提供:wowkorea)


 韓国原子力学会は26日に声明を通じて日本政府の福島原発処理水の放流決定に対する立場を明らかにした。

 韓国原子力学会は「日本政府の計画通りなら、福島原発汚染処理水は2年後から放流するにもかかわらず、すでに水産物忌避現象が起こるというのだから心配が先立つだけ」とし、「過度な放射能恐怖と韓国の水産物に対する不信が解消されることを願う」と明らかにした。

 また、福島原発事故について、過去の災害評価で予見されていたため、避けることもできた事故だと評価し、放射能恐怖や水産業への打撃、奇形的脱原発政策につながったと見通した。

 韓国原子力学会は「福島原発汚染処理水の放流に対する影響を分析した。日本は汚染水の浄化を2回行い、30~40年かけて少しずつ放流する計画であるが、学会は汚染水の再浄化をせず、現在の貯蔵状態のまま全量を1年間海に放流すると非常に保守的に仮定して評価した」とし、「(評価の結果)汚染水が韓国の海域に到達する時間と海水による希釈効果などから、韓国国民が受ける放射線被曝線量は一般の線量限度の約3億分の1であり、無視できる水準である」と説明した。

 韓国原子力学会は、この分析は日本側の公開データに基づくものであり、後々検証が必要であるが非常に保守的な仮定の下でも放射線影響は微々たるものであると結論付けた。

 さらに、日本政府に対しては、一方的な放水決定に遺憾を表明し、透明な情報公開と謝罪を求めた。

 そして、日本政府に対する要求案には、△韓国国民に対する福島原発事故被害の謝罪、△福島原発処理水の放流決定過程の公開、△処理水の放流における挑戦半島海域への影響の評価結果の公開、△処理水放流が日本政府が明らかにしたとおりに履行されているか検証・監視する法案、△処理水の放流計画の検証および監視過程への韓国専門家の参加保障などが盛り込まれた。

 韓国原子力学会は韓国政府に対しては「放射能リスクを誇張して脱原発政策を正当化する口実にしてはならない。政治的目的に助長された放射能恐怖が水産業界と自営業者の被害を加重する自害行為になり得ることを警戒しなければならない」とし、「韓国原子力学会は韓国政府に国民の健康と関連産業の保護を最優先価値とし、政治的かつ感情的対応を自制し、科学的事実を土台に実用的に問題を解決していくことを促す」と強調した。
2021/04/26 23:41配信  Copyrights(C) News1 wowkorea.jp 84


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2021AISE Inc. All Rights Reserved.