韓国空軍部隊で「暖房設備もない凍った廃墟」に隔離か…トイレも「バケツ」に=新型コロナ感染防止の措置で

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
韓国空軍部隊で「暖房設備もない凍った廃墟」に隔離か…トイレも「バケツ」に=新型コロナ感染防止の措置で
韓国空軍部隊で「暖房設備もない凍った廃墟」に隔離か…トイレも「バケツ」に=新型コロナ感染防止の措置で(画像提供:wowkorea)

韓国空軍部隊で「暖房設備もない凍った廃墟」に隔離か…トイレも「バケツ」に=新型コロナ感染防止の措置で(画像提供:wowkorea)

韓国・キョンギ(京畿)道にある空軍部隊で、新型コロナウイルス感染防止を理由に、兵士たちを暖房設備もない廃墟のような建物に隔離していたことが分かり、物議を醸している。

 去る22日、SBSの報道によると、ことし1月、同部隊で新型コロナ感染が疑われた兵士と濃厚接触者の4人がこうした建物で3日間、隔離されていた。さらに、この建物は水もきちんと供給されていなかったということだ。

 被害兵士は「パイプが故障し、水が建物内に氾濫している状況だった。寒い冬で凍り付いていたため、アイスリンクのような状態で、つるはしで氷を割った」と証言。また、「食事も適時に支給されず、便器も使えなかった。助けを求めると、部隊からは『自分たちで処理しなさい』との回答があった」と主張した。さらに、「腹痛を訴える兵士は、そこにあったバケツに用を足した」と訴えた。

 その後、彼らのうち、3人が陽性判定を受けた。悪環境の中で2泊3日を過ごしてから軍の治療センターに移送されたということだ。なお、該当部隊は15人の感染者が発生したが、その過程で、相当数の兵士がこの廃墟に隔離された。

 SBSはまた、同部隊は空軍の観察で懲戒処分には至らなかったと報道。空軍は「山岳地帯に部隊が位置しており、仕方ない側面があった」とし、「感染者の移送に努めた点を考慮した」と明かした。

 これを前に、陸軍部隊では、新型コロナの拡散防止次元で休暇後に隔離される兵士らに対し、充分な食事が提供されていないなどの暴露が広まり、物議を醸した。
韓国空軍部隊で「暖房設備もない凍った廃墟」に隔離か…トイレも「バケツ」に=新型コロナ感染防止の措置で(画像提供:wowkorea)

韓国空軍部隊で「暖房設備もない凍った廃墟」に隔離か…トイレも「バケツ」に=新型コロナ感染防止の措置で(画像提供:wowkorea)

陸軍部隊では、新型コロナの拡散防止次元で休暇後に隔離される兵士らに対し、充分な食事が提供されていないとする暴露が広まり、物議を醸した。(画像提供:wowkorea)

陸軍部隊では、新型コロナの拡散防止次元で休暇後に隔離される兵士らに対し、充分な食事が提供されていないとする暴露が広まり、物議を醸した。(画像提供:wowkorea)

2021/04/23 15:22配信  Copyrights(C)wowkorea.jp 3


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2021 AISE, INC., ALL Rights Reserved.