バイデン氏、「ワクチン、分かち合うほど十分ではい」…米韓ワクチンスワップに「赤信号」?

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
バイデン氏、「ワクチン、分かち合うほど十分ではい」…米韓ワクチンスワップに「赤信号」?
バイデン米政権は、米国が保有している新型コロナワクチンが他国に送れるほど十分ではないと語った(画像提供:wowkorea)

バイデン米政権は、米国が保有している新型コロナワクチンが他国に送れるほど十分ではないと語った(画像提供:wowkorea)

ジョー・バイデン米政権は、米国が保有している新型コロナウイルス感染症ワクチンが他国に送れるほど十分ではないと語った。「ワクチンスワップ」を米国と協議中である韓国の立場としては、難関にぶつかったかたちとなった。

バイデン大統領は21日(現地時間)、ホワイトハウスで新型コロナの演説後、ワクチンの海外との共有に対する質問に「我々が使用していないワクチンのうち、一部をどのようにするか検討している」と語った。

つづけて「我々はすでに(ワクチンの海外共有を)少し行なっている」としながらも「今 海外にワクチンを送ると言えるほど、十分ではない」と語った。また「(カナダとメキシコなど、すでに支援した国以外に)我々が支援できると信じている他の国々がいる」とし「(ワクチン支援が)できるものと期待する」と語った。米政府は備蓄しているアストラゼネカ社ワクチン400万回分をカナダとメキシコに支援することを、先月決定した。

バイデン大統領のこの日の発言は、韓国などワクチン確保が緊急となっている多くの国々が米国に支援を要請する中、出てきたものとして注目される。

韓国は、ワクチンの支援を一旦 受けた後、それを返す“ワクチンスワップ”を、米国と協議している。しかし チョン・ウィヨン(鄭義溶)韓国外相はこのような事実を伝えた国会外交委員会の翌日、言論クラブの討論会で「米国が集団免疫を成すためのワクチン備蓄分に余裕がないという説明を受けた」として、状況がかんばしくないことを示唆した。

バイデン大統領は「我々がワクチンを送っても大丈夫なのか、はっきりさせなければならない」とし「世界各国に価値ある支援となることを願う」と語った。
2021/04/22 07:39配信  Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 96 最終更新:2021/04/22 09:25


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2021 AISE, INC., ALL Rights Reserved.