水俣病被害者たち「福島原発汚染水、“希釈しても”大丈夫ではない」と非難=韓国報道

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
水俣病被害者たち「福島原発汚染水、“希釈しても”大丈夫ではない」と非難=韓国報道
水俣病被害者たち「福島原発汚染水、“希釈しても”大丈夫ではない」と非難=韓国報道

水俣病の被害者たちは、福島原発汚染水の海洋放出の決定を非難した(画像提供:wowkorea)

300人あまりの死者を出した日本最悪の環境汚染事故として記録されている水俣病集団発病事態の被害者たちは、福島原子力発電所汚染水の海洋放出の決定を非難した。

今日(20日)毎日新聞によると、水俣病被害者・支援者連絡会は前日、水俣市で記者会見を開き、“福島第1原発汚染水を希釈すれば海に捨てても安全だ”という日本政府の主張に対して反発した。放射性物質であるトリチウムを希釈しても、海に放出される量は減らないという説明である。彼らは「(食物連鎖によって濃縮する)生物濃縮で、メチル水銀が人体に影響を及ぼした事実を、私たちは水俣病で経験した」と指摘した。

当時「排水に含まれた水銀が、海水で希釈され安全だ」という主張が出ていたことも、今回の原発汚染水の放流と似ている。

水俣病被害者の長井勇氏は「水俣病になって苦しかった」とし「(汚染水を)海に流すのはやめてほしい」と涙ながらに語った。同じく被害者の一人である、2019年スイス・ジュネーブで開かれた水銀条約締約国会議で水銀被害根絶を訴えた松永幸一郎氏は「なぜ平気で海に流すのか」とし「日本は世界の見本になっていない。恥ずかしい」と語った。
2021/04/20 17:01配信  Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 96 最終更新:2021/04/20 17:07


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

おすすめ情報
新しい映画配信サービス「JAIHO」で独占配信する世界各国の映画祭で絶賛の韓国インディーズの傑作『小公女』予告編&ポスタービジュアル&場面写真解禁

永遠の命を巡る壮絶な戦いを描く、SFエンターテインメント!「SEOBOK/ソボク」予告編&ポスター公開

コン・ユとパク・ボゴムどっちを選ぶ?映画「SEOBOK/ソボク」全3種類のムビチケ発売決定!

韓国でNO.1!大ヒットスタート!!  コン・ユ × パク・ボゴムが贈るSFエンターテインメント SEOBOK/ソボク公開決定・ティザービジュアル・予告編<第一弾>

真髄と夢のルーツを探るドキュメンタリー映画『ジェジュン:オン・ザ・ロード』 公開日が2021年7月2日(金)に決定!ポスタービジュアル&予告編映像も本日解禁!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2021AISE Inc. All Rights Reserved.