米国特許商標庁「LG特許、無効の根拠ある」…SKイノベーション「これが問題の本質」

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
米国特許商標庁「LG特許、無効の根拠ある」…SKイノベーション「これが問題の本質」
米国特許商標庁「LG特許、無効の根拠ある」…SKイノベーション「これが問題の本質」

米国特許商標庁「LG特許、無効の根拠ある」…SKイノベーション「これが問題の本質」(画像提供:wowkorea)

韓国のSKイノベーションは18日、立場文を発表し、最近、米国特許商標庁の特許審判部(PTAB)が「LGエネルギーソリューションのバッテリー特許は無効」というSKイノベーションの主張を棄却した決定について、「今回の問題の本質はLG特許の無効の可能性」と明らかにした。

 去る12日(現地時間)PTABは、SKイノベーションがLG化学のバッテリー新設法人であるLGエネルギーソリューションを相手取って提起した特許無効審判(IPR)2件に対して、調査開始拒否の決定を下している。PTABは昨年11月に却下した6件まで、SKイノベーションが請求した計8件の審判請求を却下した。

 SKイノベーション側は手続き上の理由で却下されたという立場だ。昨年9月以降、米国特許商標庁は請求されたIPRが米国国際貿易委員会(ITC)にも提起された場合、重複請求と見て却下しているが、自社が申請した時点(昨年5~7月)にはITC訴訟中に申請されたIPRもほとんど開始されていたという。

 イム・スギルSKイノベーションValue Creation Center長は「IPRを申請したのは客観的に分析した結果、無効の可能性が非常に高かったため、当然の判断だった」と述べた。

 特にSKイノベーションは、PTABがIPR申請を却下しながらも、「合理的な無効の可能性を示した」ことに注目している。PTABは争点になっている517特許(韓国310特許)についても却下決定文で「申請人が特許無効に関する強い根拠(a reasonably strong case on unpatentability)を提示した」と言及した。

 イムセンター長は「310特許は2011年に韓国の裁判所で無効という判決まで出ていた特許」とし、「米国特許商標庁の政策変更により、IPRが却下されたことに関する論争は必要ないと考えられ、SKイノベーションは特許無効について訴訟事件で明確に争う予定」と明らかにした。
2021/01/18 10:08配信  Copyrights(C) News1 wowkorea.jp


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

K-POP週間ランキング

おすすめ情報
藤原竜也×竹内涼真主演!極限のノンストップ・サスペンス「太陽は動かない」の鍵を握る、プロデューサー陣も絶賛の実力派俳優ハン・ヒョジュ、ピョン・ヨハンの魅力とは!?

「WEi」(ウィーアイ)日本上陸!ニューアルバム「IDENTITY : Challenge」3/5(金)リリース決定!~近日中に予約開始!購入者特典オンラインイベント開催~

Qoo10、「BIG4トロットオンラインコンサート」チケットを2月3日(水)まで国内独占発売中!

Qoo10、ABEMAの新番組「Qosmetic 8」公式のメイクアップ特集コーナーをオープン

今こそ出逢いたかった情熱エンターテイメント!Netflix「梨泰院クラス」イ・ジュヨン主演最新作「野球少女」の最速オンライン試写会プレゼント

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2021AISE Inc. All Rights Reserved.