中ロは合同演習、日米は演習強化…韓国だけが「疎外?」

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
中ロは合同演習、日米は演習強化…韓国だけが「疎外?」
中ロは合同演習、日米は演習強化…韓国だけが「疎外?」

中ロの空軍は22日、アジア太平洋地域の“第2次 合同空中演習”を実施した(画像提供:wowkorea)

最近 中国とロシアの軍用機が、韓国防空識別区域(KADIZ)に一斉に進入し 合同演習を実施するなど、中ロが軍事協力を強化し 一層 密着している。

このような今回の中ロの演習は、反中戦線の構築に熱を上げている日本と米国、インド、オーストラリアなど“クアッド(Quad・日米豪印「4か国安保対話」)”国家たちが、合同演習を続けていることに対するけん制の動きだとみられている。

きのう(23日)中国共産党機関紙“人民日報”と中国外務省などによると、中国とロシアの国防省は前日(22日)、両国の空軍がアジア太平洋地域の“第2次 合同空中演習”を実施したと、共同声明を通じて伝えた。

このような中ロの密着は、ジョー・バイデン米国新政権の発足に合わせて 一層 本格化するものとみられ、また 今回のKADIZへの進入のような大規模合同演習が定例化する可能性もあるとみられている。

このことから 韓国政府も中ロに対抗して日米韓の安保協力を拡大していくべきだという声が出ているが、その展望は不透明である。

なぜなら 韓国政府が米中間で“戦略的あいまい性”を固守していることに加えて、元徴用工賠償問題をとりまく日韓の対立と新型コロナウイルス感染症、在韓米軍射撃場問題などの“変数”があるためである。

2018年以降 小規模演習を中心に実施してきた米韓合同演習は、今年は新型コロナの影響で大幅に縮小された。一方 新型コロナの状況でも、日米合同演習をはじめとしたクアッド国家間の軍事演習は 引き続き強化されている。

一部では 戦略的あいまい性を維持することで、韓国が米国によるインド太平洋地域の安保体制から疎外される可能性があるという見方も出ている。
2020/12/24 13:07配信  Copyrights(C) News1 wowkorea.jp


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

おすすめ情報
コン・ユとパク・ボゴムどっちを選ぶ?映画「SEOBOK/ソボク」全3種類のムビチケ発売決定!

韓国でNO.1!大ヒットスタート!!  コン・ユ × パク・ボゴムが贈るSFエンターテインメント SEOBOK/ソボク公開決定・ティザービジュアル・予告編<第一弾>

真髄と夢のルーツを探るドキュメンタリー映画『ジェジュン:オン・ザ・ロード』 公開日が2021年7月2日(金)に決定!ポスタービジュアル&予告編映像も本日解禁!

キム・ヘス、ユ・アインら豪華キャストが共演!韓国ウォンが急下落した通貨危機の裏を描く衝撃作『国家が破産する日 』5月1日(土)から Huluで独占配信

藤原竜也×竹内涼真主演!極限のノンストップ・サスペンス「太陽は動かない」の鍵を握る、プロデューサー陣も絶賛の実力派俳優ハン・ヒョジュ、ピョン・ヨハンの魅力とは!?

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2021AISE Inc. All Rights Reserved.