米長官と台湾総統との会談の日、中国戦闘機が台湾海峡の「“中間線”を越えた」

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
米長官と台湾総統との会談の日、中国戦闘機が台湾海峡の「“中間線”を越えた」
米国による対中総攻撃が続いている中、アレックス・アザー米保健福祉省長官が台湾を訪問中に中国が挑発行為に出た(画像提供:wowkorea.jp)

米国による対中総攻撃が続いている中、アレックス・アザー米保健福祉省長官が台湾を訪問中に中国が挑発行為に出た(画像提供:wowkorea.jp)

米国による対中総攻撃が続いている中、アレックス・アザー米保健福祉省長官が台湾を訪問中に中国が挑発行為に出た。

台湾国防省は今日(10日)午前、中国の戦闘機が台湾海峡の中間線(中国と台湾間の境界線の役割をする中間線)を越えたことを明らかにした。

正確な時間は伝えられなかったが、アザー長官はこの日の午前、台湾の蔡英文総統を接見した。アザー長官は米国と台湾が断交した1979年以降 初めて訪問した長官級の人物となった。

ロイター通信によると、台湾国防省は防空網を通じて中国の戦闘機の動きを追跡したと説明した。

また台湾国防省は、海軍が中国戦闘機を海峡の中間線の外に追い出したと付け加えた。

去る6日 中国共産党機関紙“人民日報”の姉妹紙“環球時報”は、アザー長官の台湾訪問を中国に対する挑発行為だとみなし「線を越えるな。中国のカードは多く、軍事カードも含まれている」と主張している。
2020/08/10 16:57配信  Copyrights(C) News1 wowkorea.jp 96 最終更新:2020/08/10 23:33


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2021AISE Inc. All Rights Reserved.