「韓国がG7の招待に応じれば、第2のTHAAD事態を招く」=SCMP報道

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
「韓国がG7の招待に応じれば、第2のTHAAD事態を招く」=SCMP報道
「韓国がG7の招待に応じれば、第2のTHAAD事態を招く」=SCMP報道

「韓国がG7の招待に応じれば、第2のTHAAD事態を招く」=SCMP報道(提供:news1)

韓国が、ドナルド・トランプ大統領の主要7か国(G7)首脳会議の招待を受け入れたことにより、韓中関係が危うくなる可能性があると、香港のサウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)が8日に報じた。

これに先立ち、先月30日にトランプ大統領は「現在、G7を構成する国は、時代が遅れている」とし、韓国と豪州、ロシア、インドを招待して、会談に参加してもらいたいという意向を示していた。

トランプ大統領は「中国について、ともに議論するために、これらの新しい国を招待したい」と、中国に対する敵意を示した。

事実上、「中国引き離し」の一環であるG7に、韓国が参加するという意思を明らかにしたことで、韓中関係がどのようになるか関心が集まっている。

過去に韓国は、中国の意見を排除したまま、THAAD(高高度防衛ミサイルシステム)を配備して、深刻な経済報復を受けるなど、中国との関係に軋轢が生じた。

これにより、専門家らは、今回の韓国のG7参加が、第2のTHAAD事態になることもあると懸念している。

シンクタンクであるランドコーポレーションのイ・ジヨン韓国政策室長は「トランプ大統領が今回のG7に韓国を招待したのは、韓国が米中の緊張で、米国の肩を持つ国であることを中国に見せようとする意図がある」と述べた。
2020/06/08 20:49配信  Copyrights(C) News1 wowkorea.jp


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.