KTイ・デウン、オープン戦2度目の登板も残念な結果=5被安打4四球3失点

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
KTイ・デウン、オープン戦2度目の登板も残念な結果=5被安打4四球3失点
KTイ・デウン、オープン戦2度目の登板も残念な結果=5被安打4四球3失点

KTイ・デウン、オープン戦2度目の登板も残念な結果=5被安打4四球3失点

 KTウィズのイ・デウンが2度目のオープン戦登板でも悔しさを残した。

 イ・デウンは20日、水原KTウィズパークで開かれた2019KBOリーグオープン戦LGツインズとの試合に先発登板し、4イニング5被安打4四球3奪三振3失点を記録した。投球数は95級で、最高球速は148キロまで出た。

 イ・デウンは2007年、シカゴ・カブスに入団し、プロ生活を開始した。しかしメジャーリーグの舞台は踏むことができず2015年から日本プロ野球千葉ロッテマリーンズで2年間プレーした。2015年プレミア12では韓国代表チーム優勝にも寄与した。

 2017年から警察庁野球団でプレーし、兵役義務を果たしたイ・デウンは昨年9月、2019KBO新人ドラフトで2次1ラウンド全体1位でKTに指名された。イ・デウンは、経験不足のKTマウンドに大きなプラスになると期待を集めている。

 しかし、現在までオープン戦ではスタートが良くない。去る14日、KIA戦で4イニング9被安打1奪三振1四球5失点とふるわなかった。シーズン開幕を控えて登板した最後のオープン戦でもコントロールが揺らぐなど残念な姿だった。

2019/03/20 17:54配信  Copyrights(C) News1 wowkorea.jp


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.