韓国国防部、「日本の哨戒機に追跡目的でレーダー照射した事実はない」

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
韓国国防部、「日本の哨戒機に追跡目的でレーダー照射した事実はない」
韓国国防部、「日本の哨戒機に追跡目的でレーダー照射した事実はない」

韓国軍当局は「通常の作戦活動中だった」と明らかにした。(提供:news1/写真は16日現代重工業で進水式を控えた韓国海軍初の訓練艦ATH-81と建造中の新型上陸艦)

 韓国海軍の駆逐艦が火器管制レーダーで日本の海上自衛隊のP1哨戒機を狙ったという防衛省の主張に対し、韓国軍当局は「通常の作戦活動中だった」と明らかにした。

 韓国国防部は21日、防衛省の発表に関して「作戦活動間にレーダーを照射したが、日本の哨戒機を追跡する目的で照射した事実はない」と述べた。

 21日夜、岩屋毅防衛相は記者会見で、韓国海軍の駆逐艦が20日午後3時ごろ、能登半島沖の海上で海上自衛隊のP1哨戒機を射撃用の火器管制レーダーで照射したと指摘した。

 岩屋防衛相は「不測の事態を招きかねない危険な行為」だとし、「極めて遺憾。韓国側に再発防止を求める」と述べた。

 レーダー照射を受けて、その場で日本側が韓国側に意図を確認したが応答がなかったという。

 これについて国防部側は「我々は説明したが、今後日本側に誤解がないよう十分な説明をする」と述べた。

2018年12月21日21時21分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.