<カーリング>“メガネ先輩”率いるチームキム、不当な待遇を暴露…大韓体育会に要請文=韓国

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国一般ニュース
<カーリング>“メガネ先輩”率いるチームキム、不当な待遇を暴露…大韓体育会に要請文=韓国
<カーリング>“メガネ先輩”率いるチームキム、不当な待遇を暴露…大韓体育会に要請文=韓国
“メガネ先輩”率いるチームキム、暴言等の不当な待遇を暴露…大韓体育会に要請文=韓国
 2018年平昌オリンピックで“ヨンミ”シンドロームを起こした女子カーリングの韓国代表“チームキム”がこの間、指導者らから不当な待遇を受けたと暴露し、波紋を広げている。

 スキップのキム・ウンジョン(27)をはじめ、キム・ヨンミ(27)、キム・ギョンエ(24)、キム・ソンヨン(25)、キム・チョヒ(22)で構成されたチームキムは去る8日、SBSとのインタビューを通して、キム・ミンジョン代表監督(37)と彼女の父親であるキム・ギョンドゥ元大韓カーリング競技連盟副会長(62)が自身らに暴言を吐き、大会賞金を着服した暴露した。

 チームキムはこうした内容を盛り込んだ要請文を最近、イ・ギホン大韓体育会会長に発送した。要請文には国家代表選抜戦当時、負傷したキム・チョヒをチームから除外し、その空席にキム・ミンジョン監督を投入しようとするなどチームを私有化する指導があったという内容が含まれている。

 選手たちはインタビューで、キム・ギョンドゥ元副会長から低俗な言葉を浴びせられ、五輪終了後にはキム・ミンジョン監督の息子の幼稚園行事に呼ばれたこともあると訴えた。また、選手たちの主張によると、キム・ミンジョン監督は五輪期間中、選手インタビューを過度に統制したこともあったという。

 さらに、2015年以降に獲得した6000万ウォン(約600万円)以上の大会賞金がどこに使用されたのか分からないとも主張した。選手たちは1度も賞金を配分されたことがないとのことだ。

 また、選手たちは随分前から監督の指導を受けず、選手同士で練習を重ね、最近は理解できないポジションの変化、意図的な大会不参加、選手たちの分離訓練などを強圧的に指示する雰囲気が作られていると述べた。

 一方、キム・ギョンドゥ元副会長とキム・ミンジョン監督は大韓カーリング競技連盟と懲戒を巡り法的紛争中だ。連盟は今年6月、キム・ギョンドゥ元副会長に、会長職務代行時期「60日以内に会長選挙を行わなければならない」という規定を順守できなかったとして、1年6か月間の資格停止処分を下していた。
2018年11月9日9時49分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2018AISE Inc. All Rights Reserved.