パク・ユチョン、仮処分取り消し申請が棄却…10月に映画公開を控え韓国での復帰が白紙に?

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
カタールW杯:韓国代表一覧
パク・ユチョン、仮処分取り消し申請が棄却…10月に映画公開を控え韓国での復帰が白紙に?
パク・ユチョン、仮処分取り消し申請が棄却…10月に映画公開を控え韓国での復帰が白紙に?(画像提供:wowkorea)

パク・ユチョン、仮処分取り消し申請が棄却…10月に映画公開を控え韓国での復帰が白紙に?(画像提供:wowkorea)

歌手兼俳優のパク・ユチョンの韓国活動に赤信号が灯った。

きょう(27日)、ソウル中央地方裁判所の第50民事部は、パク・ユチョンが「ハブファントゥゲザー(旧イェスフェラ)」を相手に出した仮処分取り消し申請を棄却した。

これに先立ち、昨年11月にソウル中央地方裁判所はパク・ユチョンの前所属事務所「リシエロ」からマネジメント権限を委任された「ハブファントゥゲザー」が申請したパク・ユチョンの番組出演および芸能活動禁止の仮処分申請を引用したことがある。これに対しパク・ユチョンが当該仮処分を中止してほしいと訴訟を提起したが、裁判所がこれを受け入れなかったのだ。

パク・ユチョンはことし10月に映画「悪に捧げて」の公開を控えている。しかし今回の裁判所の決定により韓国国内で芸能活動が不可能になった。国内復帰への試みが白紙になったものと見ることができる。

パク・ユチョンは麻薬投薬への波紋で当時所属していた事務所を出た後、「JYJ」時代からマネージャーとして共に仕事をしてきたA氏が設立した「リシエロ」と専属契約を結んだ。しかしその後所属事務所と対立し、パク・ユチョンは麻薬論議から自由になる前に所属事務所と紛争を繰り広げるに至った。

論議のなかでパク・ユチョンの国内復帰への試みが白紙となり、彼のこれからも活動にも赤信号が灯った。今回の裁判所の判断が今後のパク・ユチョンの活動にどんな影響を及ぼすことになるのか関心が集まる。

一方、パク・ユチョンは2020年に麻薬投薬の容疑で懲役10か月に執行猶予2年を言い渡されたことがある。
2022/09/27 18:36配信  Copyright(C) herald wowkorea.jp 95


この記事が気に入ったら


コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
15,840円
猟奇的な彼女 DVD-BOX...
15,840円
猟奇的な彼女 DVD-BOX...
9,460円
STAR FOCUS JAP...
6,500円
DIAMOND CAP No...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
6,500円
DIAMOND CAP No...
おすすめ情報
SE7EN、 5年ぶり待望の最新作!移籍第一弾EP「RIDE」 11月9日(水)=誕生日にリリース決定!!

「2年ぶりにお会いできて初公演で涙」KEVIN(元U-KISS)来日イベント「KEVIN’S COMEBACK LIVE in JAPAN 2022 ”TIME”」東京にて開催中!インタビューが到着!

韓国映画界のトップスターチョン・ウソン主演!日本未公開の幻の主演作『ビート』がJAIHOでプレミア配信開始!

韓国のポップバンド「GOTCHA !」、4thシングル「DOMANGA」を1/5(水)より全世界リリース!

RM(BTS)が投稿するやたちまち完売となった話題書がついに邦訳!身近なものごとの「うしろ姿」を見つめ思考した、現代美術家による韓国エッセイ『それぞれのうしろ姿』


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.