“いじめ疑惑浮上”「LE SSERAFIM」ガラム、処分を決める「学生暴力委員会」開催もオーディションを受けていた?

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
“いじめ疑惑浮上”「LE SSERAFIM」ガラム、処分を決める「学生暴力委員会」開催もオーディションを受けていた?
“いじめ疑惑浮上”「LE SSERAFIM」ガラム、処分を決める「学生暴力委員会」開催もオーディションを受けていた?(画像提供:wowkorea)

“いじめ疑惑浮上”「LE SSERAFIM」ガラム、処分を決める「学生暴力委員会」開催もオーディションを受けていた?(画像提供:wowkorea)

ガールズグループ「LE SSERAFIM」のメンバー・ガラムが学生暴力委員会が開かれていた2018年に初めてオーディションに参加したことが分かった。

 19日、情報サイト「ヘラルドPOP」の取材結果、ガラムはいじめの加害学生として処分を受けた年に初めてのオーディションを受けた。

 所属事務所のHYBEで運営するマガジン「Weverse Magazine」にはガラムのデビュー当時のインタビューが収録されている。当時のインタビューでガラムは、アイドルという夢をいつから持つようになったのかという質問に、「幼稚園の時から歌手になりたかった。私が小さい時、とても内向的で今よりもっと大人しかったが、ダンスをして歌う時はそんな性格が少し変わるのを感じた」と述べた。

 さらに「幼稚園の時にする学芸会でも、家族たちとペンションで遊びに行ってカラオケ機器で歌う時(笑)、その時だけは大人しくいるよりは積極的にとても楽しくしていたようだ」と述べた。

 それとともに「そしてある日、友だちが一緒にオーディションに受けに行こうといって2018年ごろに初めてのオーディションを皮切りに本格的な準備をした」と答えた。

 同日、いじめの被害者側の法律代理人によると、同年ガラムの「学生暴力委員会」が開かれた。被害者側は2018年4月末から5月初め頃、ガラムやその友だちたちからいじめを受けたとし、その後2018年6月4日に学校暴力対策自治委員会が開催され、ガラムは懲戒処分を受けたと明らかにした。被害者側の主張が事実である場合、ガラムは「学生暴力委員会」が開かれた年に歌手デビューのためにオーディションに参加したのだ。

 双方の主張が鋭く対立している中、ガラムのいじめ疑惑の真実は何なのかファンたちの関心が集中している。

 一方、HYBE側はガラムのいじめ疑惑について「最近提起された疑惑は当該メンバーが中学校入学後序盤に、友人たちと親しくしていた時期に発生した問題を巧みに編集し、当該メンバーを悪意的に攻撃した事案であり、一部の主張とは異なり当該メンバーは中学校在学時、悪意的なうわさやサイバーブーリング(ネット上のいじめ)などいじめの被害者だったことが第三者の陳述を通じて確認された」とし、「現在、提起された疑惑はもはやデビューを控えた芸能人以前にまだ未成年者であるメンバーに対する人格冒とく的な内容を盛り込んでおり、これを提起した主体に対していかなる合意や善処なく、法的措置を講じる」と明らかにしている。
2022/05/19 20:01配信  Copyright(C) herald wowkorea.jp 95 最終更新:2022/05/19 21:33


この記事が気に入ったら


コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
15,840円
猟奇的な彼女 DVD-BOX...
15,840円
猟奇的な彼女 DVD-BOX...
9,460円
STAR FOCUS JAP...
6,500円
DIAMOND CAP No...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
6,500円
DIAMOND CAP No...
おすすめ情報
「2年ぶりにお会いできて初公演で涙」KEVIN(元U-KISS)来日イベント「KEVIN’S COMEBACK LIVE in JAPAN 2022 ”TIME”」東京にて開催中!インタビューが到着!

韓国映画界のトップスターチョン・ウソン主演!日本未公開の幻の主演作『ビート』がJAIHOでプレミア配信開始!

韓国のポップバンド「GOTCHA !」、4thシングル「DOMANGA」を1/5(水)より全世界リリース!

RM(BTS)が投稿するやたちまち完売となった話題書がついに邦訳!身近なものごとの「うしろ姿」を見つめ思考した、現代美術家による韓国エッセイ『それぞれのうしろ姿』

オペラ「ザ・ラストクイーン朝鮮王朝最後の皇太子妃」待望のアンコール公演


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.