オリンピック中継で炎上した「MBC」、パク社長が直接謝罪へ

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
オリンピック中継で炎上した「MBC」、パク社長が直接謝罪へ
オリンピック中継で炎上した「MBC」、パク社長が直接謝罪へ(画像提供:wowkorea)

オリンピック中継で炎上した「MBC」、パク社長が直接謝罪へ(画像提供:wowkorea)

韓国の放送局「MBC」のパク・ソンジェ社長が「2020 東京オリンピック」中継に関連して直接謝罪する。

 MBCによると、パク社長は26日午後3時、マポ(麻浦)区にあるMBC社屋で謝罪記者会見を開く。

 この記者会見で、パク社長は「2020 東京オリンピック」開会式において、不適切な資料と字幕を使用したこと、男子サッカーの中継で嘲笑的な字幕を使用したことなどを謝罪する予定。国民に対する謝罪の後、質疑応答も行われる。

 MBCは今月23日、国立競技場で行われた東京オリンピック開会式の中継で、ウクライナの紹介としてチェルノブイリ原子力発電所の写真を使用し、エルサルバドル選手団の紹介ではビットコインの写真を、ハイチ選手団の紹介には「大統領暗殺で政局が混乱」という字幕をつけた。これ以外にも、マーシャル諸島の紹介では「1200以上の島で構成、アメリカの核実験場だったことも」と表現し、問題となっていた。

 このような内容は海外でも報道され、批判を受けた。これに対し、韓国のネチズンは「国の恥」「国際マナーを欠いている」「がっかりだ」などと非難している。

 問題が大きくなると、MBCは「問題の映像と字幕は開会式で国家別に入場する選手団を短い時間でわかりやすく紹介しようとの意図で準備したものだが、当事国に対する配慮を大きく欠いており、検討プロセスにも問題があった」とし、「弁明の余地のない過ちだ」として謝罪した。しかし、翌25日に茨城県の鹿島スタジアムで行われた男子サッカーB組予選「韓国対ルーマニア」の中継において、オウンゴールをしたルーマニアのマリン選手に対し、「オウンゴールをありがとう、マリン」という字幕を入れ、再び炎上していた。

 これについてルーマニア・サッカー協会は「韓国の公営放送であるMBCが『オウンゴールをありがとう、マリン』という字幕で、マリンの恥ずかしい瞬間を嘲笑した」とし、不快感を表した。

 このように問題が連日大きくなる中、今回パク社長が直接謝罪することになった。
2021/07/26 13:25配信  Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 106 最終更新:2021/07/26 15:18


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
2,050円
MIC Drop 3D ch...
2,050円
MIC Drop 3D ch...
2,050円
MIC Drop 3D ch...
2,050円
MIC Drop 3D ch...
2,050円
MIC Drop 3D ch...
2,050円
MIC Drop 3D ch...

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2021 AISE, INC., ALL Rights Reserved.