映画「パイプライン」ソ・イングク、「ユ・ハ監督と共にできて光栄…たくさん学んだ」

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
映画「パイプライン」ソ・イングク、「ユ・ハ監督と共にできて光栄…たくさん学んだ」
映画「パイプライン」ソ・イングク、「ユ・ハ監督と共にできて光栄…たくさん学んだ」(画像提供:wowkorea)

映画「パイプライン」ソ・イングク、「ユ・ハ監督と共にできて光栄…たくさん学んだ」(画像提供:wowkorea)

11日午後、映画「パイプライン」のツイッターのブルールームライブが、ツイッターコリアとリトルビックピクチャーズのツイッターを通じ、生中継された。イベントには、俳優ソ・イングク、イ・スヒョク、テ・ハンホ、ペ・ダビンが参加した。

「パイプライン」は韓国の地下に隠された数千億ウォンの油を盗んで人生の逆転を夢見る6人の“盗油師”が繰り広げるチームプレーを描いた犯罪娯楽映画。「マルチュク青春通り」、「卑劣な街」を演出したユ・ハ監督の新作だ。

ソ・イングクは盗油業界最高の穿孔の技術者であり、作戦の総括チーム長ピンドルを、イ・スヒョクは、危険な作戦を計画した大企業後継者、ゴヌに扮した。人間ショベルのクンサプ役にはテ・ハンホが、ペ・ダビンは、判断の早い監視者カウンターを演じた。巨額の掛け金を狙い集まった彼らの多彩なエピソードと、見どころはもちろん、愉快で痛快な本当の犯罪娯楽を見せてくれると期待されている。

作品を選んだきっかけは何だったのか。ソ・イングクは、ユ・ハ監督について言及し、「監督が機会を与えてくれるなら一度絶対やってみたかった。光栄であり、とてもたくさん学んだ。」と話した。イ・スヒョクは、「悪役のキャラクターだ。絶対やってみたかった。」とし、テ・ハンホは「シナリオが面白く、監督にお会いしたかった。愉快なキャラクターも魅力的だった。」と伝えた。ペ・ダビンは「カウンターという役にギャップの魅力がある。韓国映画にあまり存在しない出来事を起こし、行動する女性という点で、惹かれた。」と話した。

「パイプライン」は5月に韓国で公開予定だ。
2021/05/12 06:03配信  Copyrights(C)wowkorea.jp 103


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2021 AISE, INC., ALL Rights Reserved.