≪韓国ドラマNOW≫「ナビレラ -それでも蝶は舞う-」11話、ソン・ガンとパク・インファンが二人公演に向けて準備する=あらすじ・ネタバレ

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
≪韓国ドラマNOW≫「ナビレラ -それでも蝶は舞う-」11話、ソン・ガンとパク・インファンが二人公演に向けて準備する=あらすじ・ネタバレ
≪韓国ドラマNOW≫「ナビレラ -それでも蝶は舞う-」11話、ソン・ガンとパク・インファンが二人公演に向けて準備する=あらすじ・ネタバレ(画像提供:wowkorea)

≪韓国ドラマNOW≫「ナビレラ -それでも蝶は舞う-」11話、ソン・ガンとパク・インファンが二人公演に向けて準備する=あらすじ・ネタバレ(画像提供:wowkorea)

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

tvNドラマ「ナビレラ -それでも蝶は舞う-」11話では、チェロク(ソン・ガン)との合同公演を控えたドクチュル(パク・インファン)のアルツハイマーの症状が急激に悪化する様子が描かれた。

 ドクチュルはヘナム(ナ・ムニ)にアルツハイマーの事実を伝えようとしたが、言い出せなかった。ヘナムはドクチュルがアルツハイマーのことを明かせないでいるのを見て、過去にドクチュルが40年間の郵便配達員の人生において半分は自分のおかげだと言っていたことを思い出し、「私たちはこれまで一緒にやってきたんだから、あなたが今やっているバレエも私の夢が半分入っているってことでしょう。弱気にならないで。どこにも行かず、私のそばであなたがやりたいことを全てやって」とドクチュルを応援した。

 その後、ドクチュルはバレエスタジオに復帰して、バレエ団のオーディションの準備を再開した。チェロクは「おじいさんが僕のことを思い出せなくても、僕が分かればいい。おじいさんが僕のことを分かってくれたら、いつでもバレエを教えてあげるから」と言った。またドクチュルの足を見ては「もうすっかりバレエダンサーになった。脚の形も少しずつ変わって、このくらいの傷は気にしないでしょ」とドクチュルを喜ばせた。

 そんなチェロクの応援に力が湧いてオーディションに合格したドクチュルは、ステージに上がる日を指折り数えながら練習を続けた。そんなドクチュルを見て悩んだスンジュ(キム・テフン)は二人での応援を提案したが、ドクチュルはチェロクのコンクールの準備を邪魔したくないと断った。

 しかし、スンジュが「これまで1年近くチェロクと二人きりで練習してきたじゃないか。私はその時間がステージで見せられたらいいと思う。それがあなたがやってきた、あなただけのバレエだったから」と伝えると、ドクチュルはチェロクとの二人公演に挑戦することにした。チェロクも賛成し、二人で準備し始めた。公演前日、ドクチュルとチェロクがお互いにここまで来られたことを感謝した。

2021/04/26 09:48配信  Copyrights(C) Mydaily wowkorea.jp 5 最終更新:2021/04/28 11:54

※こちらの動画に関して、著作権侵害を申し立てる通知を提出したい場合は、こちらのページから申請をお願いいたします。


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
2,050円
MIC Drop 3D ch...
2,050円
MIC Drop 3D ch...
2,050円
MIC Drop 3D ch...
2,050円
MIC Drop 3D ch...
2,050円
MIC Drop 3D ch...
2,050円
MIC Drop 3D ch...

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2021 AISE, INC., ALL Rights Reserved.