≪韓国ドラマREVIEW≫「スタートアップ」7話あらすじと撮影秘話…背が高すぎるナム・ジュヒョク、見上げるペ・スジの視線=撮影裏話・あらすじ

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
≪韓国ドラマREVIEW≫「スタートアップ」7話あらすじと撮影秘話…背が高すぎるナム・ジュヒョク、見上げるペ・スジの視線=撮影裏話・あらすじ
≪韓国ドラマREVIEW≫「スタートアップ」7話あらすじと撮影秘話…背が高すぎるナム・ジュヒョク、見上げるペ・スジの視線=撮影裏話・あらすじ(画像提供:wowkorea)

≪韓国ドラマREVIEW≫「スタートアップ」7話あらすじと撮影秘話…背が高すぎるナム・ジュヒョク、見上げるペ・スジの視線=撮影裏話・あらすじ(画像提供:wowkorea)

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

今日はドラマ「スタートアップ」の撮影裏話。今回は初めてダルミの家にドサンがやってきたシーンから。
ナム・ジュヒョクが187センチと背が高いため、どうしてもかなり見上げる形になってしまうペ・スジ。リハーサルでは監督から”視線が高すぎる”と指摘が。
「高いですよね」とペ・スジも言う。ナム・ジュヒョクは、「僕がこれくらいにしましょうか?」と足を広げて背を低くしようとするが、ペ・スジは「私が視線を下げるわ」と言い2人は話し合う。

続いて、ジピョン役のキム・ソンホもダルミの家にやってくる。ダルミの祖母役のキム・ヘスクとペ・スジの3人で談笑している。キム・ソンホは「ジピョンとドサンが別々に来る方がよかったのに」と言い、ペ・スジも「3人で気楽に撮影してたんですよ」と返す。

そのままジピョンとドサンがダルミに良く見せようと、張り合うシーンを撮影。
しかし2人があまりに可愛らしいため、監督も「子犬みたいだな」と一言。キャストたちも笑う。電球を換えてほしいと頼まれたドサンとジピョンは、競い合うようにトイレの方へ。
カメラの死角に入った後も、声で「俺がやるから! あっち行ってて」と演技をするナム・ジュヒョク。「どけよ、俺の方が専門なんだ。触るなよ! 」とキム・ソンホもアドリブを返す。するとナム・ジュヒョクは我慢できず笑い出す。

カメラの死角から2人の演技を見ていたペ・スジとキム・ヘスクは、ケラケラと笑っていた。撮影後に笑いながらシーンをチェックする、スジとキム・ソンホとナム・ジュヒョク。その後ナム・ジュヒョクは小道具のゴム手袋をはめていた。
「なんか小さく見えない?なんでだろう」とゴム手袋をはめた手を見つめている。「わー、可愛いじゃないか」とキム・ソンホも笑う。そのまま筋トレのポーズをとって遊んでいる。


次は、カメオ出演をした芸人のムン・セユンとキム・ソンホの共演シーンの撮影。
「めっちゃ緊張するな~。俺は豪華な警備員だな」と言いつつ、監督と話すムン・セユン。方言丸出しでセリフを言うムン・セユンにリハーサルの時点で、笑いが止まらないキム・ソンホ。

ムン・セユン:スタートアップにカメオ出演いたしました、ムン・セユンです。キム・ソンホさんと”1泊2日”で共演しています。その縁で出演することになりました。現場がいい雰囲気で、作家さんもPDさんも素敵な方ですから、素晴らしいドラマになると思います。
スタートアップ、ファイティン! 

ジピョンとドサンがダルミを巡って恋の火花を散らすシーンの舞台裏が公開され、多くのファンの心を鷲づかみにした。撮影現場も明るい雰囲気で、アドリブも多かったようだ。キム・ソンホとナム・ジュヒョクは7、8歳年齢差があるが、あまり感じさせないほど仲がよさそうに見える。


●韓国ネットユーザーの反応●

「ゴム手袋をしたナム・ジュヒョクの筋肉に目がいってしまう」
「ドサンとジピョンがとても仲がよさそうで楽しい」
「ドサンとジピョンのブロマンスが見られて面白い」
「キム・ソンホの笑顔に癒される! 」
「突然ムン・セユンが出てきて笑えた」


●あらすじ●

tvN土日ドラマ「スタートアップ」では新しい事業を計画するダルミ(スジ)とドサン(ナム・ジュヒョク)の姿が描かれた。

ダルミと共にジピョン(キム・ソンホ)を訪ねたドサンは、「いつか直面するバグを予め除去しようとする」と、手紙についてダルミに事実通りに話すと明らかにした。

ジピョンは「話すな。そうすれば全てが終わる。ダルミとの関係もサムサンテックも」と止めたが、ドサンは「たいしたことじゃない。15年前の手紙に何かの力があると終わりを確信しているのか」と話した。ジピョンは「今の君より力があるようだ」と答えたが、ドサンは「置いてみよう」と一言残して去った。

サムサンテックはモーニンググループのAIプロジェクトにハイレベルな提案書を出し、これを知ったジピョンはウォン・ドゥジョン(オム・ヒョソプ)に利用されるかと不安に思っていた。プロジェクトミーティング当日、ダルミとドサンは期待感に満ちてモーニンググループにやって来たが、彼らはソリューションではなくデータ10万枚を収集しなければならない単純作業をするチームを訪れたのだ。

ドゥジョンは経験と考えるべきだと言い、ダルミに「ソ氏として生きて苦労が多かっただろう。お姉さんのようにウォン氏で生きれば良かった」と自尊心に触れる言葉を発した。それに憤怒したドサンは名札を壊し、「黙って下さい」と叫んで席を蹴って出た。

ドサンは「これは違う。僕がウォン・ドゥジョンより高い人脈を与えたい。100億ウォンの人脈をあげたい」と怒り、ダルミはドサンにキスした。ダルミはドサンに「私たちこれをやめて、君が話したサービスをやろう」とドサンが提案した事業を一緒にやろうと話した。

2021/01/26 16:31配信  Copyrights(C)wowkorea.jp 77

※こちらの動画に関して、著作権侵害を申し立てる通知を提出したい場合は、こちらのページから申請をお願いいたします。


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2021 AISE, INC., ALL Rights Reserved.