≪韓国ドラマNOW≫「ハッシュ」3話、ユナ(少女時代)、「社会的他殺だ」とファン・ジョンミンを覚醒させる“爽快な”一言

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
≪韓国ドラマNOW≫「ハッシュ」3話、ユナ(少女時代)、「社会的他殺だ」とファン・ジョンミンを覚醒させる“爽快な”一言
≪韓国ドラマNOW≫「ハッシュ」3話、ユナ(少女時代)、「社会的他殺だ」とファン・ジョンミンを覚醒させる“爽快な”一言(画像提供:wowkorea)

≪韓国ドラマNOW≫「ハッシュ」3話、ユナ(少女時代)、「社会的他殺だ」とファン・ジョンミンを覚醒させる“爽快な”一言(画像提供:wowkorea)

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

ドラマ「ハッシュ」でユナ(少女時代)の演技変身が劇中に新鮮さを添えた。

ユナはJTBC新金土ドラマ「ハッシュ」(脚本:キム・ジョンミン、演出:チェ・ギュシク、制作:KEYEAST&JTBC STUDIOS)で、「毎日韓国」のしっかり者のインターン記者イ・ジス役を務め熱演を繰り広げている。

今月18日に韓国で放送された「ハッシュ」の3話では、イ・ジスが同僚インターンのオ・スヨン(キョン・スジン)の死を経て現実を直視し、“怠け者記者”ハン・ジュンヒョク(ファン・ジョンミン)を本格的に覚醒させる物語が描かれ注目を集めた。

特に、動くエレベーターを見たイ・ジスはオ・スヨンの他殺を主張し、「社会的他殺だ、そんな判然とした例えではなく、犯人が別にいる。そして自殺だとしても、先輩も『なぜ?』という質問に自由になれる方じゃないでしょう?」とハン・ジュンヒョクに記者としての責任を問う姿で、ドラマの緊張感を高めた。

さらにイ・ジスは「弔問に行くな」というオム・ソンハン(パク・ホサン)の言葉にも、パーカーに帽子を被ったままひそかに葬式を訪れ弔問し、そこで偶然に出会ったハン・ジュンヒョクに6年前の事件について知っていると宣戦布告し、次回への好奇心を増幅させた。

この過程でユナは鋭いまなざしと話しぶりで、言うべきことは口に出してしまう“イ・ジス”役を立体的に描き出し、視聴者たちがキャラクターのストレートな魅力に同意しざるをえなくさせたことはもちろん、ドラマのキーとなる“スカッと爽快な”役割を十分に果たし、好反応を得ている。

一方、ユナの活躍がますます気になる「ハッシュ」の4話は19日夜11時から韓国JTBCで観ることができる。
2020/12/19 10:21配信  Copyrights(C) OSEN wowkorea.jp 95


※こちらの動画に関して、著作権侵害を申し立てる通知を提出したい場合は、こちらのページから申請をお願いいたします。


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2021 AISE, INC., ALL Rights Reserved.