≪韓国ドラマNOW≫「ザ・ゲーム:0時に向かって」13、14話、テギョン(2PM)が“訳あり”のネックレスをイ・ヨニに託す=あらすじ・ネタバレ

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
≪韓国ドラマNOW≫「ザ・ゲーム:0時に向かって」13、14話、テギョン(2PM)が“訳あり”のネックレスをイ・ヨニに託す=あらすじ・ネタバレ
≪韓国ドラマNOW≫「ザ・ゲーム:0時に向かって」13、14話、テギョン(2PM)が“訳あり”のネックレスをイ・ヨニに託す=あらすじ・ネタバレ(画像提供:wowkorea)

≪韓国ドラマNOW≫「ザ・ゲーム:0時に向かって」13、14話、テギョン(2PM)が“訳あり”のネックレスをイ・ヨニに託す=あらすじ・ネタバレ(画像提供:wowkorea)

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

MBCドラマ「ザ・ゲーム:0時に向かって」13、14話では、自分の死の中で見たネックレスを見つけるテピョン(テギョン(2PM))の様子が描かれた。

 ピルドゥ(キム・ヨンジュン)が死亡し、ドギョン(イム・ジュファン)のDNAはミジン(チェ・ダイン)の爪から出てこなかった。ドギョンは死亡したピルドゥの遺体を見つめながら号泣した。

 その頃、テピョンはドギョンから確実な証拠を見つけるため、監視カメラとGPSを購入した。店で渡されたGPSは自分の夢で見たネックレスと同じだった。

 テピョンはドギョンの自宅ドアのパスワードを調べて潜入し、監視カメラを設置した。その時、ドギョンと警察官のウヒョン(パク・ジイル)が入ってきた。ウヒョンはドギョンに心から謝罪し、自白させようとしていたのだった。

 ウヒョンは、自分がドンチョル(キム・ハクソン)の死を目撃して理性を失い、証拠をねつ造したことを認めてひざまずいて謝った。その様子が、ウヒョンの体に取り付けられたカメラで警察に中継されていた。ドギョンはそれに気づき、ウヒョンに「謝罪は20年前にするべきだっただろ」と泣き叫んだ。

 無事にドギョンの自宅から脱出したテピョンは、ドギョンの一挙手一投足を見守り始めた。

 続けてテピョンはジュニョン(イ・ヨニ)に会い、「悪い人もいなくて、死も見えない場所ならいいな」と一緒にどこかに行けないかと聞いた。続けてテピョンはネックレスをジュニョンに渡した。テピョンはジュニョンにネックレスの件を伝え「これが二度と僕のところに来ないようにジュニョンさんが大事にして」と頼んだ。
2020/02/12 15:09配信  Copyrights(C) News1 wowkorea.jp 5 最終更新:2021/02/09 15:10

※こちらの動画に関して、著作権侵害を申し立てる通知を提出したい場合は、こちらのページから申請をお願いいたします。


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...
1,980円
MIC Drop 3D ch...

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2021 AISE, INC., ALL Rights Reserved.