故パク・ジュアの遺族、医療事故で病院側を告発

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
故パク・ジュアの遺族、医療事故で病院側を告発
故パク・ジュアの遺族、医療事故で病院側を告発

パク・ジュア

 ことし5月にがん手術後に亡くなったタレント、パク・ジュアの遺族が医療事故を主張し病院側を告発する予定だと3日明らかにした。

 故人の親族は「おばさん(パク・ジュア)の手術を担当していた新村セブランス病院の院長と担当医師など5名を相手に医療事故の疑いで4日午後2時、中央地検に告発状を提出する」と明らかにした。

 今回の告発は故人の遺族をはじめ、故パク・ジュア医療事故の真実究明対策委員会、韓国患者連合などの4か所に連携している。

 韓国患者連合のアン・キジョン代表は「故人がロボット手術を受けた中で、十二指腸に穴があき、重患者室に移された後、酸素呼吸器が抜ける事故で脳死状態に陥った」と主張した。また、アン・キジョン代表は、「しかし病院側は手術の後遺症で故人が死亡したと主張しているので、検察に告発することにした」と明らかにした。

 一方パク・ジュアは、腎盂(じんう)がんの初期判定を受け、ことし4月に新村セブランス病院に入院し、5月16日に死亡した。当時遺族は、医療事故だと主張し、死亡後16時間の間、重患者室から遺体を移さず葬儀を延ばすかたちで病院側に抗議した。
2011/07/04 14:50配信 


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
6,500円
DIAMOND CAP No...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
6,500円
DIAMOND CAP No...
13,500円
シグナルDVD-BOX2
13,500円
シグナルDVD-BOX1
おすすめ情報

俳優ヒョンビンが悪役に初挑戦! ソン・イェジン共演の心理サスペンス映画『ザ・ネゴシエーション』DVDが2/5より発売

「キム秘書はいったい、なぜ? 」Blu-ray&DVDリリース記念・パク・ソジュン インタビュー到着! 次の夢は「海外の作品にチャレンジすること」

カンヌ大絶賛! 全国劇場大ヒット!! 『タクシー運転手』『1987、ある闘いの真実』に続く、実話に基づく衝撃作「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス) と呼ばれた男」2020年1月8日[水]BD/DVDリリース!

俳優 ソ・ジソブ ドラマプロモーションイベント開催決定!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.