<W寄稿>国家間にも適用される原則「ギブ・アンド・テイク(Give and Take)」=日本に対する韓国の姿勢は?

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
<W寄稿>国家間にも適用される原則「ギブ・アンド・テイク(Give and Take)」=日本に対する韓国の姿勢は?
(画像提供:wowkorea)

(画像提供:wowkorea)

人間関係の基本は「ギブ・アンド・テイク(Give and Take)」だ。もてなされることを望むのであれば、全く同じように相手をもてなしてやらねばならない。国家間の関係も同じだ。

ところが韓国は日本からはもてなされることを望むが、反対に日本をもてなそうとは特に考えない。このような考えは「我が国は日本に如何なることをしてもかまわないが、日本は常に我が国に良くしなければならない」と言う誤った行動で表れる。

現行の「G7体制」を、韓国を含んだ「G11体制」へ拡大する案について、日本側が反対したと判明するや否や、日本に対する韓国人の非難の声が高かった。ところが過去にどんなことがあったのか?国内のメディアの報道タイトルをいくつか見よう。

●2005年
「日本の国連常任理事国入り反対」
「国民の92%、日本の常任理事国入り反対」
「国連本部前で日本の安保理常任理事国入り反対デモ」
「『日本の常任理事国入り反対』4200人の署名を国連に提出」

●2014年
「政府、日本の常任理事国入りに事実上の反対表明」
「朴槿恵大統領『国連常任理事国増設反対』」
「容認できない日本の国連常任理事国入りの試み」

誰が見ても長期間にわたって執拗に隣国の足を引っ張った格好だ。いくら国家間の関係が良くなくても、こちら側に大きな害が無い事案であれば反対をしたとしても「立場の表明を保留するつもりだ」とか、最初から「ノーコメント」する方法でいくらでも反対の意思を表せる。

地球上で北朝鮮のような所を除く、大抵の国々であれば、このような場合、皆そのようにするだろう。ところが韓国は相手が「日本」であれば、基本的マナーさえきれいさっぱり無視して、これほど「露骨に(乱暴に)」振舞う。

最近の日本は韓国に対して相当不愛想に構える。日本はこの間の試行錯誤とあらゆる体験を通じてこのような結論に到達したのだろう。

「韓国にはいくら約束して配慮して譲歩してやっても、全て無意味だ。対抗のみが最善だ」

相手を冷遇しながら、その相手からはきちんとしたもてなしを受けることを望むのであれば、これは「泥棒精神」に違いない。御しやすい相手がくみしやすい時には、そのまま放置しておくべきなのに、韓国はそう出来なかった。

今や春の日(穏やかな時代)はほぼ過ぎたようだ。相手同様の強硬な姿勢で衝突するのみだ。弱い側は殆ど一方的に血を流すだろう。自業自得だ。

※この記事は韓国の保守論客ファンドビルダーさんの寄稿文を日本語に翻訳したものです。韓国メディアには既に韓国語版が公開されています。翻訳の正確さに対する責任は当社にあります。
2021/08/02 18:24配信  Copyrights(C)wowkorea.jp 6


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2021 AISE, INC., ALL Rights Reserved.