韓国外相「日本が韓国を“国際法違反国家”と罵倒」…「日本にそんな資格があるのか」

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
韓国外相「日本が韓国を“国際法違反国家”と罵倒」…「日本にそんな資格があるのか」
韓国外相「日本が韓国を“国際法違反国家”と罵倒」…「日本にそんな資格があるのか」

韓国の鄭義溶 外相(画像提供:wowkorea)

韓国のチョン・ウィヨン(鄭義溶)外相は、日韓間の最も大きな懸案である慰安婦問題について、日本側の交渉態度に対して不満を吐露した。韓国が 幾度も解決のための現実的な案を提示したが、日本が高圧的な態度で一貫しているためである。

チョン外相は今日(21日)、ソウルのプレスセンターで開かれた討論会で「青瓦台(韓国大統領府)の国家安保室長に在職していた時、この問題(慰安婦問題)解決のために非公開で日本に行き協議したが、日本の交渉態度には驚いた」とし「一貫して自分の主張だけをし、交渉を壊そうとしているのではないかと思った」と語った。

2015年12月28日 パク・クネ(朴槿恵)政権は、いわゆる「慰安婦合意」を日本と締結した。しかし この合意には被害者の意見が盛り込まれていない「日韓政府間の合意」だという韓国内の批判世論が高まり、この合意が膠着(こうちゃく)状態に陥った。結局 和解・治癒財団も解散することになり、この合意が事実上 実効性を失ったことで、日本政府は「韓国が合意を破棄した」と批判した。

このことについてチョン外相は「日韓間の慰安婦合意が破棄されたと語ったことはない」とし「我々は日韓間の合意の枠を維持しながら、現実的方案を講じている」と語った。

また「2017年の大統領選当時、全ての候補者が『慰安婦合意を破棄する』と公約を掲げている中、ムン・ジェイン(文在寅)大統領(当時は候補)は『合意の枠を維持する』という、難しい決定をした」と強調した。

ただ、チョン外相は、慰安婦合意に対する批判的な見方はもっている。チョン外相は「当時 合意に対する国内の不満の根本原因は、被害者がこれを受け入れられず、名誉と尊厳が回復されるどころか、むしろ『恥ずかしい』と思ったためだ」とし「被害者の精神的被害・自尊心をどのように回復するのかにおいて日本を説得し、非常に現実的な方案を日本側に提示した」と説明した。

つづけて「それにもかかわらず 日本は“政府間の合意”であるため、韓国が守らなければ“国際法違反”だという理屈に合わない主張をしている」とし「韓国を『国際法を違反する国だ』と罵っている」と強調した。

チョン外相は「日本がそのように言う資格があるのか」とし「問題の根本原因、慰安婦問題の基本的性格が何なのか」と声を荒げた。

チョン外相は「韓国は一貫して現実的な方案を日本側に提示したが、日本側は『もっと持って来い』として、高圧的な交渉態度を維持していることが、交渉が膠着する根本原因だ」と指摘した。
2021/04/21 13:13配信  Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 最終更新:2021/04/21 15:29


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

おすすめ情報
コン・ユとパク・ボゴムどっちを選ぶ?映画「SEOBOK/ソボク」全3種類のムビチケ発売決定!

韓国でNO.1!大ヒットスタート!!  コン・ユ × パク・ボゴムが贈るSFエンターテインメント SEOBOK/ソボク公開決定・ティザービジュアル・予告編<第一弾>

真髄と夢のルーツを探るドキュメンタリー映画『ジェジュン:オン・ザ・ロード』 公開日が2021年7月2日(金)に決定!ポスタービジュアル&予告編映像も本日解禁!

キム・ヘス、ユ・アインら豪華キャストが共演!韓国ウォンが急下落した通貨危機の裏を描く衝撃作『国家が破産する日 』5月1日(土)から Huluで独占配信

藤原竜也×竹内涼真主演!極限のノンストップ・サスペンス「太陽は動かない」の鍵を握る、プロデューサー陣も絶賛の実力派俳優ハン・ヒョジュ、ピョン・ヨハンの魅力とは!?

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2021AISE Inc. All Rights Reserved.