明日から使える韓国語
wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
【韓国語】明日から使える韓国語
第838号 (2021/4/22)
今週の一言「胸がざわつく単語’クマントゥダ’」

       

いつも、わたくし幡野のコラムをお読みくださり、ありがとうございます。
なんだか改まった出だしになりましたが、メルマガやめます、とかいう話では
ありません!(題名のクマントゥダ止める、だけに)…ご安心?ください。

当メルマガは2004年にスタートしました。「シゴトの韓国語」講座をはじめようと、
仕事上の知人の薦めのもと、当時のメルマガブームに乗って開始しました。
当時、何かに興味があると、お気に入りのメルマガに登録し、購読をする
というのが流行っていました。

おかげさまでメルマガを読んで、というたくさんの方が当校を知ってくださり、
講座は順調にスタート。知ってトクする韓国語コラムを楽しんで頂き、
ついでに当校のこともご紹介、関心をお持ちの方にご来校いただく、
という流れでした。

ただ、SNS攻勢のいまは、専門家によるとメルマガ開封率というのは、
恐るべき低い数字なのだとか。確かに私ももほとんど見ていない
メールアドレスがあって、そこにこれまた絶対に見ないような
お知らせを受信しています。子供達、若い世代を見ると、
メールなんて使っていない。もうSNSばかりの時代です。

じゃあ、メルマガはもうやめてもいいのでは?それが、やめられないのです!
なぜか。「メルマガ、読んでます!」というお声をたまにいただくんですが、
「えっ!?(あなたが?)嬉しい!」と思うことばかりなんです。

その「あなた」は、旧友から会社員時代の同僚、仕事上の友人、
大切な元受講生の皆さんなど。とすると、「当校を知りご来校いただく」
という当初の目的とはやや外れるかもしれない。しかし、
「読んでます。いつも楽しみです」と言わたり、さらには
「元気をもらっています」なんて言われると、や、や、やめられない!!

そう、メルマガでなく、ブログでまめに発信したらどうかとも思いますが、
メルマガは発行日を決めているから書くんですよね。これがブログに
なったら書かなくなるような気がします
(ちなみに、ブログも書いています(^^; こちら

それに、わたしは昔から「やめる」ということがあまり好きではなかった
何かに負けた気がするのかもしれませんし、その勇気がないとも言えます。
こういうとき、潔く取捨選択できる人が「デキル」人なのかもしれません。

「やめる」を、韓国語で「그만두다(クマントゥダ)」と言う、ということがわかった
初級のとき、悩める20代だったのですが、会社のこと、その他もろもろ、
그만두다」がまとわりつく世代。自分のことを語る時、この単語は欠かせなく、
当時の悩み、その他葛藤と相まって、なぜかこの「그만두다」という韓国語には
いまだに胸騒ぎを覚えます。発するときの罪悪感、と言いますか。
いま、授業で例文を言うときですら
日本語の「やめる」よりもそれが強いのはなぜでしょう?

というわけで、メルマガ、やめません!

그만두지 못해요!(クマントゥジ モテヨ!/やめられません!)

読むからにはためになり、楽しめるものを、といつも思いながら書いています。
そして、きっとあんな人も、こんな人も読んでくれていると思いながら……
頑張ります!

*Windows XP以外のパソコン環境は韓国語フォントをインストールする必要があります。
インストール方法はこちらのYahoo!のサイトをご参照ください。



第844号:「このように挨拶するようになって」(2021/6/10)
第843号:「何事も早いうちに」(2021/6/3)
第842号:「どうやって過ごしてる?」(2021/5/27)
第841号:「語学学習に欠かせない、役割劇」(2021/5/20)
第840号:「階間騒音」(2021/5/13)
第839号:「オリーブヤングで爆買いの日」(2021/5/6)
第838号:「胸がざわつく単語’クマントゥダ’」(2021/4/22)
第837号:「2つの大切な思い出を『韓国・朝鮮の美を読む』」(2021/4/15)
第836号:「身につく!基本の韓国語」(2021/4/8)
第835号:「お財布にもやさしい~『いちばんやさしい文法ノート』出版!」(2021/4/1)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ (1/85)

<著者-幡野 泉>
-1995年早稲田大学第一文学部卒業
-1998年延世大学校韓国語学堂に入学
-留学中にコリア・ヘラルド新聞社主催の「第33回外国人韓国語雄弁大会」 にて
  最優秀賞・文化観光部長官賞を受賞、また延世大学校韓国語学堂の雄弁大会にて第1位
-約1年の留学生活の後、東京にある韓国大手商船会社の日本総代理店に就職
  3年半の間、日韓ビジネスの現場に立つ
-2002年3月「杉並区ビジネスプランコンテスト」にて優勝
  題目は「日韓ビジネス交流の橋渡し」
-2002年8月有限会社アイ・ケー・ブリッジを設立
-2004年4月東京・虎ノ門にて「シゴトの韓国語講座(現・アイケーブリッジ外語学院)」を開講
-2006年4月より、「All About 韓国語」ガイドを務める
-東洋経済日報に「ビジネス韓国語会話」を連載
  メールマガジン「明日からすぐ使える!知ってトクするシゴトの韓国語」を発行中
-著書に『すぐに使えるシゴトの韓国語』『レベルアップ シゴトの韓国語』(いずれも三修社刊)、 『すぐに使えるシゴトの韓国語』(アルク刊)がある

■ お問合わせはこちらまでお願いします。


「アイケーブリッジ外語学院」
http://www.ikbridge.co.jp/
TEL 03-5157-2424

※ 韓国語を配信・提供したい個人様または法人様はまでお願いします。

WoW!Koreaモバイル
QRコードでアクセス ケータイで左のQRコードを読み取るか、
URLをケータイに送信してアクセスしてください。

Copyright(C) 2004- 2021AISE Inc. All Rights Reserved.