<スピードスケート>平昌五輪“仲間置き去り騒動”キム・ボルム選手、心理治療終えて退院

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
<スピードスケート>平昌五輪“仲間置き去り騒動”キム・ボルム選手、心理治療終えて退院
2018平昌(ピョンチャン)冬季五輪で“仲間置き去り騒動”の中心となった韓国女子スピードスケートのキム・ボルム(25)が、心理的ショックを治療するために入院していたが23日に退院した。(提供:news1)

2018平昌(ピョンチャン)冬季五輪で“仲間置き去り騒動”の中心となった韓国女子スピードスケートのキム・ボルム(25)が、心理的ショックを治療するために入院していたが23日に退院した。(提供:news1)

2018平昌(ピョンチャン)冬季五輪で“仲間置き去り騒動”の中心となった韓国女子スピードスケートのキム・ボルム(25)が、心理的ショックを治療するために入院していたが23日に退院した。

 キム・ボルムのマネジメント会社bravo and newの関係者は23日、「キム・ボルムが23日午前に母親と共に退院した。医師からは、ずいぶんと回復したので家で休みを取ればよさそうだと言われた」と伝えた。

 キム・ボルムは先月の平昌冬季五輪で、女子マススタートで銀メダルを獲得。しかしその前に行われたパシュートの競技の際に“仲間置き去り騒動”が起き、批判を受けた。

 試合後、キム・ボルムとパク・ジウは、うつむいているノ・ソンヨンを残しての移動や、インタビューでのコメントなどから、いじめていたのではないかと騒動になった。

 その後、二人の個人のSNSはもちろん、ポータルサイトにも批判のコメントが相次いだ。また大統領府ホームページ内に設置された国民請願コーナーには、「キム・ボルムとパク・ジウの資格はく奪」という要請に60万人が賛同した。キム・ボルムは公式記者会見を開いて謝罪したが、状況は変わらなかった。

 その後の個人種目であるマススタートで銀メダルを獲得したが、笑うこともできなかったキム・ボルムは五輪終了後に故郷の大邱(テグ)に戻って母親と共に今月12日に入院。23日に退院して自宅に戻った。

 キム・ボルム側の関係者は「まだ安静にしなければならないと言われているため、しばらくは活動を控えて休みを取るつもりだ」とし、「いつまで休みを取るのかなど詳しい日程は今後の状況を見守りながら決めていく」と伝えた。
2018/03/23 22:08配信  Copyrights(C) News1 wowkorea.jp


この記事が気に入ったら


コメント数ランキング

おすすめ情報
SE7EN、 5年ぶり待望の最新作!移籍第一弾EP「RIDE」 11月9日(水)=誕生日にリリース決定!!

「2年ぶりにお会いできて初公演で涙」KEVIN(元U-KISS)来日イベント「KEVIN’S COMEBACK LIVE in JAPAN 2022 ”TIME”」東京にて開催中!インタビューが到着!

韓国映画界のトップスターチョン・ウソン主演!日本未公開の幻の主演作『ビート』がJAIHOでプレミア配信開始!

韓国のポップバンド「GOTCHA !」、4thシングル「DOMANGA」を1/5(水)より全世界リリース!

RM(BTS)が投稿するやたちまち完売となった話題書がついに邦訳!身近なものごとの「うしろ姿」を見つめ思考した、現代美術家による韓国エッセイ『それぞれのうしろ姿』


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2023 AISE, INC., ALL Rights Reserved.
当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。