【全文】ヤン代表、「YG宝石箱」の新人グループに関する詳細発表…「まずは13人でデビュー」

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
【全文】ヤン代表、「YG宝石箱」の新人グループに関する詳細発表…「まずは13人でデビュー」
【全文】ヤン代表、「YG宝石箱」の新人グループに関する詳細発表…「まずは13人でデビュー」

【全文】ヤン代表、「YG宝石箱」の新人グループに関する詳細発表…「まずは13人でデビュー」(提供:OSEN)

 韓国YGエンターテインメントのヤン・ヒョンソク代表プロデューサーがYG新ボーイズグループ「TREASURE」と「MAGNUM(マグナム)」、2グループが一緒になる13人組グループ「TREASURE13」について言及した。

 7日、ヤン・ヒョンソク代表は「FROM YG」を通じて、「YG宝石箱」はそれぞれのポジションに合う適切なメンバーを選抜しグループのバランスと調和を成すことだった」とし、「ファンに多少衝撃的な内容かもしれないが、私が望む最初の組み合わせは13人」と伝えた。


以下、ヤン・ヒョンソク代表「FROM YG」全文。

こんにちは。ヤン・ヒョンソクです。

正確に覚えていませんが、2001年だったでしょうか?

アルバム制作者である私が初めてファンのみなさんと疎通を試みていた窓口がFROM YGだったと思います。

もう18年前のことですね。

ファンのみなさんの疑問に対して少しでもお手伝いしようと、現在の進行事項をお話しする趣旨でしたが、お話しする計画が延期されたり、白紙になるたびファンのみなさんの失望もとても大きかったので、過去4年間FROM YGを中断し、昨年再びお目にかかりました。

冒頭から私がこのように申し上げる理由は、私も人間であるため新年の計画と目標には多少欲が入りますし、あまりにも変数が多い過程を経なければならないことなので、FROM YGを約束という大きな期待よりは親しい友人に伝える耳打ち情報ぐらいで軽く参考にしていただきますようお願いいたします。


「YG宝石箱」について詳しく話してほしい。
-7人のTREASUREを選んで、6人を追加発表したが、彼らの選抜基準やデビュー時期は?

BIGBANG、WINNER、iKONなどこれまでYGが進めてきた自社練習生サバイバル番組のうち28人という最も多い練習生が参加した「YG宝石箱」を進行しながら、最も残念だった点は可能性のある練習生を目の前に置いて、小さな船に乗せることができない気持ちだった。そのため船をもう一隻探す方法で最終13人を選抜することになりました。

YGが伝統的な自社サバイバル番組を志向する理由は制作者である私がYG練習生らと向き合うことができる時間は月に1度行われる月末評価が唯一ですが、これも歌とダンスを評価する場なので、個人の特徴や長所、魅力を把握するには明らかに限界があるため、番組を通じてファンと同じ視線で彼らを見つめる契機が必ず必要だと感じていたためです。今後、YGと10年以上共にする友人だからです。

よく並べられたお膳というのは、重複するおかずを減らして相性の合う食べ物を組み合わせることだと思います。サッカーの試合でも11人のストライカーしか出場させないような、「YG宝石箱」の選抜基準はそれぞれのポジションに合う適切なメンバーを選抜し、チームのバランスと調和を成すことでした。


-2チーム共、ことしデビューさせる計画なのか?

ファンに多少衝撃的な内容になるかもしれないが、私が望む最初の組み合わせは13人です。

正確に申し上げるならば「TREASURE13」という名前で13人を1チームとしてまずデビューさせようと思います。最初から「TREASURE13」として選抜せず、2チームに分けた理由は7人で構成されたiKONの経験から、7人以上でチームを構成する場合、メンバーらが歌に参加できる限界が存在するためです。

結果的に「TREASURE13」の団体活動に加え、2チームの分離活動を通じて個人の力量と比重を高めていく計画です。

最初に選抜された7人の最も大きな恩恵といえば、「TREASURE」という名前を得ることになったことで、たとえ2隻の船で出発したとしても結局、彼らの目的地は同じです。


-追加抜てきされた6人のグループ名は?

「MAGNUM(マグナム)」です。

BLACKPINKが放送でチーム名候補だったと言及したことがあり、YGが商標登録した事実が知られファンはすでに予測していた名前です。

マグナムというグループ名を決めた理由と意味は「音楽に酔う」、「酒に酔う」、「雰囲気に酔う」という言葉をよく使用しますが、最上級の酒と評価されるワインのダブルサイズである1.5リットル瓶を「マグナム」と呼びます。

全世界が彼らの音楽に酔うことを願うという意味でグループ名として決定することになり、一部銃器の名称としても使用され、女性よりは男性グループによりぴったりだと思い商標登録を終えて、大切にしておいたグループ名です。


-「TREASURE13」のデビュー計画はいつですか?

「TREASURE13」の最初のデビューはことし5月から7月に予定しており、攻撃的かつ持続的な新曲発表を通じて、「TREASURE13」の早い成長を成し遂げる計画です。

「TREASURE13」の成功的なデビュー後、「TREASURE」と「MAGNUM」の分離活動が行われる予定です。


-デビュー前のプロモーション計画はあるのか?

チャン・ソンギュアナウンサーが「YG宝石箱」放送で最も多く使用していたコメントがまさに“オープン・ザ・トレジャーボックス”という言葉でした。

その名前を番組タイトルとして使用し、13人のデビュー準備過程や楽しい日常生活が盛り込まれた放送を準備中です。

「YG宝石箱」と類似し、V LIVEやYouTubeなどインターネットを基盤にした放映を通じて、グローバルなファンの接近を容易にする考えで、放送など多様なプラットフォームを追加で活用する計画です。


-「TREASURE13」のファンクラブ名は決まったのか?
計3チームのファンクラブ名を1つに統合する予定です。

ファンクラブ名も番組で最も多く使用してきた「トレジャーメーカー」です。結局「TREASURE13」の成長と成功はファンと共に作っていくことなので、最も適切な意味を持つ名称だと思います。


-「TREASURE13」だけの差別化された戦略または先輩グループと違う点があるならば?

時期的にみたとき、BIGBANGがYGの第1世代男性グループだったならば、WINNERとiKONが第2世代、「TREASURE13」を第3世代と区分できると思います。

先輩グループの共通点があるならばメンバーがすべての曲の作詞・作曲に参加する“アーティスト型アイドル”または“自主制作アイドル”と言えます。

「TREASURE13」の場合、メンバーらに作詞・作曲参加を督励しない計画で、分業化されたYGのすべてのプロダクションで積極的に活用する計画です。もちろんアーティストが直接作詞・作曲に参加することほど素晴らしい長所もないですが、スケジュールで忙しいメンバーらが時間がなかったり、曲が上手くできない場合、それだけ空白時間が長くなるという短所も存在します。

BLACKPINKのすべての音楽をメインプロデューサーTeddyが担当し、「THE BLACK LABEL」のプロデューサーらが参加するように、「TREASURE13」の音楽はYGと「THE BLACK LABEL」、そして最近設立したYGXなど30人の専属音楽プロデューサーらを総動員してスピード感のある作業形態を構築する計画です。

「TREASURE13」の成功的なデビューと成長にファンのみなさんの多くの関心と応援をお願いしいたします。

時間の関係上、BLACKPINKの新曲のニュースを持って明日再びお目にかかります。

いつもありがとうございます。

2019.02.07

FROM YG


2019/02/07 17:15配信  Copyrights(C) OSEN wowkorea.jp


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

韓流ショップ 一覧>
6,500円
DIAMOND CAP No...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
5,900円
LUX DIAMOND T-...
6,500円
DIAMOND CAP No...
13,500円
シグナルDVD-BOX2
13,500円
シグナルDVD-BOX1

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.