最低賃金もらえない労働者、半年間で47万人増える

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
カタールW杯:韓国代表一覧
最低賃金もらえない労働者、半年間で47万人増える
【ソウル4日聯合ニュース】法の定める最低賃金を受け取れずにいる労働者が半年の間に50万人近く増えたとの分析が出た。

 韓国労働社会研究所は4日、統計庁の3月の経済活動人口調査付加調査の結果を基に分析した報告書を公表した。それによると、賃金が法定最低賃金に及ばない労働者は222万人で、昨年8月の調査結果(175万人)に比べ47万人増加した。昨年の最低賃金は時給3770ウォン(約290円)、ことしは4000ウォン。

 最低賃金に及ばない労働者数は、2001年8月が59万人、2006年8月が144万人、2007年8月が189万人と、増加を続けている。

 同研究所のキム・ユソン所長は、この統計は最低賃金が「低賃金階層の一掃、賃金格差の解消、分配構造の改善」という本来の目的に合致していないということだけでなく、政府が労働監督行政義務を怠っていることを示すものだと主張する。公共行政部門でも最低賃金に及ばない労働者は8万人いると指摘し、「政府が善良な使用者として民間の模範になるべきだという事実さえ忘却している」と強調した。

 一方、労働部関係者は、7~8年の間、最低賃金の引き上げを続けたため、追いつけない企業が増えているのが原因だと話している。監督が行き届かず最低賃金を受け取れない労働者が増えているのなら、企業に力があり、監督を強化すれば問題を解決できるということになり「大歓迎」だとしている。労働界の要求通り来年の最低賃金が時給5000ウォン水準になれば、これを下回る労働者は440万~500万人に増えると主張した。
2009/06/04 19:05配信  Copyright 2009(C)YONHAPNEWS. All rights reserved. 最終更新:2009/06/05 10:31


この記事が気に入ったら


コメント数ランキング

おすすめ情報
SE7EN、 5年ぶり待望の最新作!移籍第一弾EP「RIDE」 11月9日(水)=誕生日にリリース決定!!

「2年ぶりにお会いできて初公演で涙」KEVIN(元U-KISS)来日イベント「KEVIN’S COMEBACK LIVE in JAPAN 2022 ”TIME”」東京にて開催中!インタビューが到着!

韓国映画界のトップスターチョン・ウソン主演!日本未公開の幻の主演作『ビート』がJAIHOでプレミア配信開始!

韓国のポップバンド「GOTCHA !」、4thシングル「DOMANGA」を1/5(水)より全世界リリース!

RM(BTS)が投稿するやたちまち完売となった話題書がついに邦訳!身近なものごとの「うしろ姿」を見つめ思考した、現代美術家による韓国エッセイ『それぞれのうしろ姿』


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.