【イベントレポ】「EXO」、「2016 MelOn MUSIC AWARDS」で5冠獲得!

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
【イベントレポ】「EXO」、「2016 MelOn MUSIC AWARDS」で5冠獲得!
【イベントレポ】「EXO」、「2016 MelOn MUSIC AWARDS」で5冠獲得!

「EXO」

11月19日(土)、ソウル・九老(クロ)区にある高尺(コチョク)スカイドームにて「2016 MelOn MUSIC AWARDS」(以下、MMA)が開催された。「MMA」は毎年、音楽配信サイト「MelOn」での集計を基準に、よい成績を残したアーティストたちに賞を贈る、いわば授賞式とオールスターコンサートが兼ねられたイベントだ。普段は野球チーム「ネクセンヒーローズ」の本拠地である2万人収容のコンサートホールに、韓国国内はもとより、海外からもK-POPファンが集結した。

 本格的な冬の訪れが告げられていたソウルだが当日は気候も暖かく、会場まで足を運ぶ人々を見守ってくれているかのような過ごしやすさだった。開場から上演開始時間へ近づくと会場は熱気を帯び、さらにポカポカと暑くなってくるようで年末の祭典とは思えないほどだ。

 同イベントの様子は生放送されており、上演前や上演の合間に流れるCMにお目当てのアーティストが登場すると、会場は大歓声に包まれる。とくに人気アイドルグループ「防弾少年団」が出演するフライドチキンのCMが流れると歓声が沸き上がった。いよいよMMAがはじまりを告げた。全19アーティスト中、15組のアーティストが舞台でパフォーマンスを披露し、23部門の賞の主人公が発表される祭典となった。なかでも大人気の「EXO」はこの日、5つの賞を受賞し“K-POP王者”のプライドを見せつけた。
【イベントレポ】「EXO」、「2016 MelOn MUSIC AWARDS」で5冠獲得!

「防弾少年団」


 下半期に凄まじい勢いで追い上げてきた「防弾少年団」も、「今年のアーティスト賞」の受賞は逃したものの「今年のアルバム賞」を受賞し、メンバーたちは歓喜の涙を流した。受賞コメントを聞いても、まだまだ初々しさの残る表現と、ファンや家族に惜しみない感謝を述べる様子がとても感動的でメンバー全員が肩を抱き寄せて泣いた姿にもらい泣きした人も多かったことだろう。ステージでは「Blood Sweat & Tears」と「FIRE」の2曲を披露した「防弾少年団」。MVから飛び出してきたかのような豪華な背景と演出で、今年の「MMA」のなかでもっとも印象的なパフォーマンスになったに違いない。

 また、今年の女性アーティストのなかで最高の賞を受賞したのは「TWICE」だった。彼女たちはデビューから1年ほどで韓国を代表するガールズグループに成長した。「今年のベストソング賞」を受賞した際は、リーダーのジヒョが涙を流しながら受賞コメントを述べた。その姿は、堂々としながらも健気な少女の姿であった。男女問わず人気の「TWICE」の特徴といえば、応援団の声援にある。可愛らしいポイントダンスに合わせて、掛け声と振付をファンも一緒に行い、さらに掛け声には低い男性ファンの声と甲高い女性ファンの声が混ざり合い、おもしろい調和を生み出している。男性アーティストの場合は、いわゆる“黄色い歓声”がほとんどだが、「TWICE」の場合は、そのどちらでもない悲鳴に近いような声があがる。
【イベントレポ】「EXO」、「2016 MelOn MUSIC AWARDS」で5冠獲得!

「TWICE」


 コンサートの大トリをつとめたのは、やはり「EXO」だった。ファンにはうれしいメドレー形式のステージを見せてくれた。「Growl」、「中毒」、「CALL ME BABY」がミックスされた舞台、そしてメンバーがどこから登場するかわからないといったドキドキさせるスリルな演出もプラスして、カリスマ溢れるパフォーマンスで会場を魅了した。そして「Monster」で今年の「MMA」の最後を華麗に飾った。まるで彼らの単独コンサートかと思うほどに「EXO」のペンライトの光だけが満天の星空のように煌めく。まさに“「EXO」の時代”であることを目の当たりにする瞬間だった。

 今年の「MMA」には、パフォーマンスを行った15組のアーティストのほかに、授賞式で会場を訪れた歌手ユン・ミレは、今年大人気だったドラマ「太陽の末裔」のOST「Always」で「オリジナルサウンドトラック賞」を受賞し、主演のソン・ジュンギとソン・ヘギョに感謝の言葉を述べた。彼女の生歌を聴くことができなくて残念に思った人も多かったのではないだろうか。また、インディーズミュージックにも注目が集まった2016年らしく、女性デュオ「頬赤い思春期」の2人も「インディーズ賞」を受賞し、大歓声を受けた。

 さらに16年ぶりに再結成した伝説のアイドルグループ「Sechs Kies」のパフォーマンスも印象的だった。若いアイドルたちに囲まれ、少々“オ―ルド感”はいなめないものの、クレーンなどを駆使した豪華な舞台演出もファンにはうれしいものとなった。長年の思いをしたためたファンたちの喜ぶ横顔、開場するやいなや、集まって声援練習をする姿などがとても印象深かった。
「H.O.T」のトニー・アンや、「god」のデニー・アン&ソン・ホヨンが登場すると、「Sechs Kies」のファンも沸いた。彼らも来年の再結成を目指すと力強いコメントを残したのが微笑ましく、会場の笑いを誘った。

 2016年を代表するK-POPアーティストの集大成となった「2016 MelOn MUSIC AWARDS」。若手アーティストから大御所まで、誰もが精いっぱいのステージを披露してくれた。同イベントを通し、2017年のK-POP界はどのように発展していくのかさらに期待が高まった。

 2016年を代表するK-POPアーティストたちの祭典「2016 MelOn MUSIC AWARDS」の模様は、12月4日と12月29日に日本語字幕入りノーカット版でMUSIC ON !  TV(エムオン)でも放送が決定! お楽しみに! 


日本語字幕入りノーカット版12/4(日) オンエア!2016 MelOn MUSIC AWARDS
http://www.m-on.jp/special/melonmusicawards/
2016年11月30日20時32分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら

【イベントレポ】「PRODUCE 101 JAPAN」デビューメン... 【イベントレポ】「PRODUCE 101 JAPAN」デビューメン...
 日本のエンターテイメント界で過去最大級の番組制作規模となる日本発の“サバイバル”オーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」。9月末の番組開始以降、101人の練習生たちが数々の...
【イベントレポ】「THE BOYZ」、U-NEXTオリジナル番組「... 【イベントレポ】「THE BOYZ」、U-NEXTオリジナル番組「...
 ビジュアル、パフォーマンス共に“全員センター級”と称され、韓国では昨年の新人賞を総なめにした11人組次世代ボーイズグループ「THE BOYZ」が11月25日(月)、東京・豊洲PITにて、U...
【会見レポ】「THE BOYZ」、北海道を旅した日本で初のバラエテ... 【会見レポ】「THE BOYZ」、北海道を旅した日本で初のバラエテ...
 ビジュアル、パフォーマンス共に“全員センター級”と称され、韓国では昨年の新人賞を総なめにした11人組次世代ボーイズグループの「THE BOYZ」が11月25日(月)、東京・豊洲PITにて、...
【イベントレポ】「MMA 2019 (Melon Music Aw... 【イベントレポ】「MMA 2019 (Melon Music Aw...
 授賞式2部のオープニングを飾ったのは「ITZY」。ブラスバンドと共に派手に登場した彼女たちは「WANT IT? 」、「DALLA DALLA」、「ICY」を披露。ファンキーで、ハツラツとし...
注目の情報
【オススメの無料ゲーム】

Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved.