<WKコラム>「Road to Kingdom」ファイナル、「Kingdom」への切符を手にしたのは「THE BOYZ」! 「ONF」は大健闘の2位フィニッシュ!

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
 
<WKコラム>「Road to Kingdom」ファイナル、「Kingdom」への切符を手にしたのは「THE BOYZ」! 「ONF」は大健闘の2位フィニッシュ!
<WKコラム>「Road to Kingdom」ファイナル、「Kingdom」への切符を手にしたのは「THE BOYZ」! 「ONF」は大健闘の2位フィニッシュ!

「Road to Kingdom」(Mnet)第8話で「THE BOYZ」が1位となり、「Kingdom」への進出が決定した。(画像:画面キャプチャ)

運命の最終発表を前に、ステージ上に並んだ1位候補の2組。緊張感や不安からか下を向き、祈るように待つ「THE BOYZ」、どこかすっきりとした表情で前を向く「ONF」。6月18日(木)に生放送された「Road to Kingdom」(Mnet)第8話(最終話)で、ついに「Kingdom」へと進出するグループが決定した。

 「Kingdom」に出演できるのは総合ランキング(1~3次バトルの成績+動画再生回数+新曲音源成績+生放送メール投票)1位と、生放送メール投票1位の2組。ただし、総合ランキング1位と生放送メール投票1位が同じであれば1組となる。

 3次バトルまでの総合ランキングでは「ONF」が1位だったが、ここに動画再生回数+新曲音源成績が加わると、1位は「THE BOYZ」、2位は「ONF」と順位が逆転。残るは、生放送でのメール投票が運命の分かれ道となった。

 ファイナルステージでは、5組が新曲のステージを初披露! 「ONEUS」は「バンパイア」コンセプトで、新曲「COME BACK HOME」を、「VERIVERY」は今回も強みであるシンクロダンスはもちろん、ミュージカル要素を加えたパフォーマンスで新曲「Beautiful-x」を、「THE BOYZ」は騎士に扮し、新曲「CHECKMATE」をチェスゲームを繰り広げるような華麗なパフォーマンスで魅せた。

 ここでメール投票の中間結果として、2位の発表があり、「ONF」の名前が呼ばれた。Mnetのサバイバル番組では、お馴染みの中間発表だが、これがどう作用するのか。

 
<WKコラム>「Road to Kingdom」ファイナル、「Kingdom」への切符を手にしたのは「THE BOYZ」! 「ONF」は大健闘の2位フィニッシュ!

すっきりとした表情で最終発表を待つ「ONF」は総合ランキング2位となった。(画像:画面キャプチャ)

 新曲ステージの後半戦は、「PENTAGON」がプロデューサーでもあるリーダー、フイの自作曲で、自分たちの道を突き進んでいくという意味を込めた新曲「BASQUIAT」を、最後は「ONF」が、MKが作曲に参加し、新世界(「Kingdom」)へ行こうというメンバーたちの抱負が込められた「New World」でフィナーレを飾った。

 さらに、5組のステージが終わった後、これまでパフォーマンスが際立つステージが多かったので、歌声で視聴者に感謝の気持ちを表現しようと、各グループのボーカル、フイ(PENTAGON)、ヒョジン(ONF)、ヒョンジェ(THE BOYZ)、ソホ(ONEUS)、ヨンホ(VERIVERY)の5人がスペシャルステージとして、「BTOB」の「It’s Okay」を熱唱。グループの垣根を超え、美しいハーモニーを届けた。

 全てのパフォーマンスが終わり、いよいよ運命の結果発表。「Kingdom」に進出できるのは1組と発表された。つまり、総合ランキングと生放送メール投票の1位が同じだったということだ。

 1位候補として名前を呼ばれた「THE BOYZ」と「ONF」。ステージ上で発表を待つ姿が対照的だったが、やり切ったように清々しい表情で待つ「ONF」ではなく、祈るような表情で下を向いていた「THE BOYZ」が1位のトロフィーを手にした。

<WKコラム>「Road to Kingdom」ファイナル、「Kingdom」への切符を手にしたのは「THE BOYZ」! 「ONF」は大健闘の2位フィニッシュ!

祈るように最終発表を待つ「THE BOYZ」は1位発表後、涙を流して喜んだ。(画像:画面キャプチャ)

  一気に緊張感から解き放たれ、膝から崩れ落ち、うれしさのあまり、涙を流して喜び合う「THE BOYZ」のメンバーたち。さらには、他のグループのメンバーたちもステージに駆け付けて祝福し、抱き合って健闘を称えるなど、感動的な光景が見られた。

 「THE BOYZ」のリーダー、サンヨンは「僕たちが1位になったというよりは、本当にたくさんの方々が裏で苦労してくださった」とスタッフや番組制作陣、ファンを労い、「皆さんが力を合わせて、1位にしてくださった」と感謝。

 続けて、「『Road to Kingdom』という良い機会をくださり、さまざまな姿をお見せできてよかったです。そして、一緒に出演した7組全員がたくさん成長したし、素晴らしいステージをたくさん見せてくれたと思います」とし、「7組とも、K-POP市場を引っ張っていけるステキなアーティストだと思っています。視聴者の皆さん、ファンの皆さんにお願いをするなら、7組のこれからの歩みを応援し、たくさん愛してくださったらうれしいです」と次世代を担う彼らの覇気まで代弁した。

 さらに、「『THE BOYZ』が『Kingdom』に行くことになり、これから“King”である先輩たちと戦っていくんですが、たくさんのことを学べるだろうし、楽しみでもあります。『Kingdom』という場所が似合うステキなアーティストになるよう、これからも努力し、成長していきます」と意気込み、喜びのコメントを締めくくった。

 この番組がスタートした当初から、出演者7組の中で、コンスタントにアルバムセールス10万枚以上を達成しているのが「THE BOYZ」だけなので、動画再生回数、生放送メール投票などを加えると、それだけのファン層を持つ「THE BOYZ」が有利と見られていたので、この結果は妥当ともいえるだろう。

 そんな中にあって、2位となった「ONF」は大健闘。結果的に、前シリーズ「Queendom」で、総合2位となった所属事務所の先輩「OH MY GIRL」と全く同じ道をたどったが、十分に実力を発揮し、間違いなく再評価されたグループの一つ。また、パフォーマンスだけでなく、特にWYATT(ワイアット)とE-TION(イーション)はリアクションが良く、全話にわたって、その姿が抜かれていたのが印象的で、バラエティに出たら面白そうだなと期待させるほどだった。

 生放送メール投票の結果は、1位「THE BOYZ」(35000点)、2位「ONF」(27359点)、3位「PENTAGON」(17133点)、4位「ONEUS」(10503点)、5位「VERIVERY」(3852点)。

 総合ランキングも同じ順位で、1位「THE BOYZ」(95765点)、2位「ONF」(78411点)、3位「PENTAGON」(60360点)、4位「ONEUS」(40138点)、5位「VERIVERY」(31871点)だった。

 番組の最後には、「Road to Kingdom」のロゴが「Kingdom」に変わり、「COMING SOON」の文字が映し出された。さぁ、次はいよいよ「Kingdom」で新しい戦いが始まる。
2020年6月19日20時1分配信 (C)WoW!Korea

この記事が気に入ったら

<WKコラム>「AB6IX」、イ・デフィの戦略でクイズの勝利も番組...

<WKコラム>「AB6IX」、イ・デフィの戦略でクイズの勝利も番組...
 毎週月曜夜の放送でスタートしたクイズバラエティ「クイズの上のアイドル」(KBS2)が、10月から放送枠が移動。毎週土曜午前11時半から放送中だが、10月24日(土)の第14回には「AB6I...

<WKコラム>「NCT」、リアリティ番組「NCT WORLD 2....

<WKコラム>「NCT」、リアリティ番組「NCT WORLD 2....
 10月12日(月)にリリースしたニューアルバム「The 2nd Album RESONANCE Pt.1」を皮切りに、超大型プロジェクト「NCT2020」を始動させた「NCT」。これまで、...

<WKコラム>「WEi」、「ものすごいものを見せる」覚悟で「週刊ア...

<WKコラム>「WEi」、「ものすごいものを見せる」覚悟で「週刊ア...
 K-POP界では、毎年“怪物新人”と呼ばれるグループが誕生しているが、今年はそんな代名詞が付けられたスーパールーキーといえば、「CRAVITY」、「TREASURE」、そして10月5日にデ...

<Wコラム>「賢い○○生活」シリーズ出演後に人気急上昇、注目の若手...

<Wコラム>「賢い○○生活」シリーズ出演後に人気急上昇、注目の若手...
 大ヒットとなったドラマ「賢い監房生活」、「賢い医師生活」などの“賢い○○生活”シリーズ。数年前から既に成功を収めているドラマ「応答せよ1997」、「応答せよ1994」、「応答せよ1988」...
注目の情報
【オススメの無料ゲーム】

Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.