【個別インタビュー】シン・ウォンホ(CROSS GENE)、「狂炎ソナタ」でミュージカル初挑戦! 「役者としての欲が出て、挑戦を決めました」

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国芸能ニュース
【個別インタビュー】シン・ウォンホ(CROSS GENE)、「狂炎ソナタ」でミュージカル初挑戦! 「役者としての欲が出て、挑戦を決めました」
【個別インタビュー】シン・ウォンホ(CROSS GENE)、「狂炎ソナタ」でミュージカル初挑戦! 「役者としての欲が出て、挑戦を決めました」
シン・ウォンホ(CROSS GENE)
韓国大ヒットドラマ「青い海の伝説」に続き、「2度目のファースト・ラブ」、「死生決断ロマンス」、「犬猿の仲ロマンス」と立て続けにドラマに出演するなど、最近では俳優としても大活躍し、日本では11月15日(木)〜25日(日)に大阪、東京で上演される韓国ミュージカル「狂炎ソナタ」(カンヨムソナタ)で、ミュージカルに初挑戦するシン・ウォンホ(CROSS GENE)。

 27歳の誕生日を迎え、10月27日(土)に都内で毎年恒例の生誕祭「SHINくんの生誕祭BZZA! Vol.3〜SHINくんIN WONHOLAND〜」を開催するため来日した彼に、生誕祭を終えた感想や、1年がかりで準備したというセルフプロデュースのスペシャルフォトアルバム「W」へのこだわり、そして、現在稽古真っ最中だという「狂炎ソナタ」の稽古場の様子、作品にかける意気込みなどを聞いた。


Q.インタビューでこうしてお会いするのは久しぶりですね。ドラマ「青い海の伝説」のプロモーション以来だから、1年半ぶりぐらいになりますが。

カムバックもあったり、ドラマなどの個人活動も多かったので、韓国で頑張っていました。だから、日本にはラジオ「SHINくんの夜のチューすDay」(FM YOKOHAMA)の収録で来るぐらいだったかなと思います。


Q.この間、すごく忙しかったようですが、プライベートでは何かされましたか? 

ドラマ「死生決断ロマンス」が終わってから、お父さん、お母さんと3人で沖縄に行ってきました。僕、日本はけっこう行ったり来たりしていて、いろんなところに行っているんですけど、沖縄に行ってみたいなってずっと思っていたので! 


Q.沖縄では何をしてきたんですか? 

ゆっくりしようって思っていたんですけど、お父さん、お母さんと行くとやることが多くて(笑)。レンタカーを借りて、いろいろ回りました。美ら海水族館を見て、ガイドブックに国道58号線がすごくキレイだって書いてあったので、その国道を走りながら、万座毛に行ったり、アメリカンビレッジも通ったりしながら。那覇に戻ってきて、国際通りも行ったし、首里城にも行きました。ゴーヤチャンプルも食べようって思っていたから、毎日食べました(笑)。


Q.かなりいろいろ調べて、沖縄を満喫したんですね。

行く前にガイドブックを3冊ぐらい買って、勉強しましたから。僕、フリーな感じで旅行スケジュールを組むタイプだと思っていたんですけど、違うなって今回気付きましたね(笑)。


Q.そして、今回1年がかりで準備してきたという3度目の生誕祭が大盛況で終わりましたが、いかがでしたか? 

(自身のパフォーマンスやトークで)満足できたところもあれば、できなかったところもあって…まだまだ頑張らないといけないなって思ったり。でも、久しぶりにファンの皆さんに会って、たくさんの方が来てくれたので、すごくありがたい気持ちでいっぱいでした。ミュージカルの稽古で忙しい中、ストレスとかもたまっていたんですけど、いつも応援してくれるファンの皆さんと会えたことだけでも、すごく力になったなと思います。


Q.トークコーナーでは、司会の古家正亨さんとのやり取りも息ぴったりで面白かったです。

ありがとうございます。古家さんとは、デビューの頃からの付き合いなので、頼りになるお父さん、みたいな存在です(笑)。


Q.“お兄さん”ではなく、“お父さん”なんですね(笑)。
お兄さんって呼びたいけど、考えていることとか、お話を聞いているだけで学ぶことが多いんです。楽屋ではお父さんと息子みたいな感じです(笑)。僕は日本語がまだまだ上手ではないので、皆さんに伝えたいことのおそらく70%しか伝えられていないんじゃないかって思うんです。言葉が足らない時もある。そんな僕のことを古家さんは全部わかって理解してくれてフォローしてくださるので、とても感謝しています。


Q.今回、セルフプロデュースをしたスペシャルフォトアルバム「W」の曲を披露しましたが、どのようなコンセプトで作ったんでしょうか? 

いろいろ悩んで苦しかった時期があって…。アイドルとしてデビューした当時は、無我夢中だったしわからないことが多くて、ただ必死で走ってた気がします。でも歳を重ねていくうちに、考え方や価値観も少しずつ変化していくわけです。いま自分が思ったことを言ってもいいのかな? 黙っていた方がいいのかな? ってわからなくなることがあるんです。少年から大人になるそういう思春期とか、大人に成長していく過程とかを音楽と写真で表現したいなと思いました。そして曲を聴いてくれた方の力になれるものにしたかったんです。少年と大人の間を表現したかったので、「W」というタイトルにしました。僕が好きな「仮面ライダーW」の影響も少しありますけど(笑)。


Q.悩んで苦しかった時期というのは、どういうタイミングでそうなったんでしょうか? 

日本では僕の年齢は27歳ですけど、韓国では28歳なので、もうすぐ30歳だなっていう年齢的なことがいちばん大きいのかもしれないです。デビューしたのが、昨日のことみたいなのに、20代がもう終わっちゃうみたいな。20代のうちに、ファンの皆さんと、もっとしたかったこととかを考えると、残念な気持ちになってしまって…。ま、30歳になったらなったで、またポジティブになって、30代でやれることをやると思うんですけど。


Q.曲作りを始めたきっかけは何だったんでしょうか? 

おととしからかな、1曲ずつ発表していったんですけど、何かスペシャルなものを生誕祭でやりたいなってことで始まって、歌詞を書きながら、自分の話を音楽で作れるのが楽しいと思って。それで、「シン君の想いがちゃんと伝わったよ」っていう言葉をたくさんもらって、もっとやってみたいって思うようになって、いろんなことをするようになりました。だから、ファンの皆さんがきっかけですね。


Q.曲作りは難しいですか? 

一緒にやる友達が多いんで、すごく力になってくれるんですけど、何を表現するかによって、曲の感じとか歌詞が変わっていくんで、それが悩みますね。今回の「W」では、1曲は作曲、1曲は作詞に参加したんですけど、作詞は1人でやるものなんで、時間がかかるんですよ。アイディアが浮かばないと、ぜんぜん書けなくて、1か月かかるときもあって。だから、何がいつ出るか分からないんで、曲を早く作って、早くから詞を書き始める方なんです。


Q.今回日本語で作詞をしたという「雨のち晴れ〜Alright〜」はどれぐらいで完成したんでしょうか? 

これは1日(笑)。その日、家で寝る前に、デモテープを聴きながら、もう1回考えようと思って曲をかけたら、“あっ! ”とひらめいて、“いまだ! ”と思って書き始めたら、朝になっていました。


Q.普段は歌詞を書くとき、どういうものにインスピレーションを受けますか? 

いまはまだ、自分がすごい物語を書ける人だと思わないし、足りない人間なので、自分の物語を書くことが多いんですよ。なので、普段生活しながら、新しいことを感じたときはケータイのメモ帳に書いて、それを後で見て、そのワードを使ったりしています。


Q.韓国語と日本語とでは、どちらの方が書きやすいですか? 
韓国語では自分が言いたいことを全部言えるので、もちろん韓国語の方が書きやすいです。あ、でも、いまは日本語も外国語って感じはしなくなってきたかな。頭で計算しながら話していた時期は終わって、韓国語を話すのと同じぐらいの感覚で話せるようになってきたから日本語の歌詞も前よりは時間がかからなくなってきました。


Q.そして、いまちょうどミュージカル「狂炎ソナタ」の稽古真っ最中ということですが、ミュージカルに初挑戦しながら、日々どんなことを感じていますか? 

いまこのインタビューをしている時点で、あまり時間が残っていないので、今日も「ヤバイ、ヤバイ」って気持ちになって焦っていますよ(笑)。韓国に帰ってから、また集中してやらないと、って。いまも緊張しているんですけど、できる限り、自分が持っている力はぜんぶ出したいなと思っています。


Q.この作品に出演を決めた理由は? 

初演の映像をもらって見たら、すごく感動して。台本も読んでみたら、すごく感動して、ぜひやってみたいなと。役者としての欲が出て、挑戦を決めました。上手くやれているかは、皆さんがステージを見て判断してください。


Q.シンさんが演じるのは、殺人を通して美しい曲を作り出す作曲家“J”役ですよね。ほかにも、Jの弱みを利用し、成功を企む教授“K”、Jの幼なじみでありJを正しい道へと導こうとする“S”というキャラクターも登場しますが、やはり自分でも“J”役が一番合っているという感じですか? 

そうですね。現場でみんなが、「台本そのままの“J”はシンだね」と言ってくれています。作品の中で表現されている性格とかが、本当に似ていて。もちろん、自分とは違うところもあるので、そういうところは一緒にやる役者さんとか演出家さんと相談しながらやっています。


Q.同じ“J”役を演じるリョウクさんは元々憧れの先輩だったとか。

生誕祭のときにも話しましたが、中学校の頃、クラスメートの女の子たちが一番好きだった歌手が「SUPER JUNIOR」先輩で、その影響で僕も曲を聴いたり、PVを見たりしていたんです。それで、カラオケに行ったとき、この人にみたいに歌いたいなと思ったのが、リョウクさんだったし、リョウクさんの声を聞くために、「SUPER JUNIOR」先輩の曲を聴いていたので。歌手になってからもずっと憧れの先輩でした。


Q.そんな憧れの先輩と同じ役を演じると聞いて、どう思いましたか? 

韓国のラジオで共演させていただいたことがきっかけで、それから可愛がってもらっています。今回出演が決まってから、すぐリョウクさんから電話がありました。「今回同じ役を演じることになったけど、お互い頑張ろうね」って言ってくださって、とてもうれしくて、頑張らなきゃ! と思いました。


Q.“S”役を演じるVIXXケンさんの印象はいかがですか? 

ケンは出演者の中では末っ子なんですけど、元々僕が「VIXX」のホンビン君と仲良しなんで、会う前に「ケンちゃんってどういう性格? 」って聞いたら、「いい子だよ」って教えてくれて。それで、ケンも「ホンビンにたくさん話を聞きました。頑張りましょう」って話しかけてきてくれたので、すぐに仲良くなれて、一緒にアイスを食べに行ったりしました(笑)。現場では、末っ子2人みたいな感じです。


Q.“K”役のイ・ジフンさんは、会ったときどんな印象でしたか? 

大先輩なので、最初は緊張したんですが、すごく優しい方で、いろいろ相談にも乗ってくださいますし、演技をするとき、これをこうやるって感じより、「お前はどう思う? 」って聞いてくれて、お互いの考えが合うところを見つけようっていう感じで、すごくステキな方です。そして、めっちゃイケメン! イケメンすぎる。かっこよくて憧れます! 


Q.稽古場では、ケンさんがムードメーカーだそうですね。
そうですよ〜! ケンがいると稽古場が明るくなります。僕も静かな性格だし、お兄さんたちも30代なので、稽古場はわりと落ち着いた雰囲気なんですが、ケンが来ると明るい雰囲気になります。天真爛漫。だから今回、共演者の方々に恵まれていて、すごく幸運だと思います。


Q.これまで稽古中に、何かハプニングなどはありましたか? 
ハプニングはないですね。みんな仲良しなので楽しいです。リョウクさんがたまに手作りクッキーを作って来てくれるんですが、僕はそれを食べるのがすごく楽しみです(笑)。すごく美味しくて、しかも、健康的な味で。僕も健康に気を遣っているので、美味しくいただいています。


Q.ちなみに、稽古中は皆さん、どんなものを食べているんですか? 

稽古中は、皆さんコーヒーをたくさん飲みますね。そして、かつ丼もたくさん食べるし、キンパプ、トッポキ、スンデとかもよく食べます。みんなで食べに行くんですけど、1個ずつ頼んで、分けて食べたりしています。すごく雰囲気いいでしょ? (笑)


Q.今回は劇中、ピアノを弾くシーンもありますね。ピアノを弾くのは久しぶりだそうですが。

子供の頃、お母さんからピアノを習っておいた方がいいよって言われて、長い期間やっていましたけど。


Q.久しぶりに弾いて、勘は戻ってきましたか? 

いや、ぜんぜん(笑)。みんな「戻ってくるよ」って言っていましたけど、そういうことはなかったです。忘れたものは忘れたものだなと思いました。指も動かないし、もう弾いて、弾いて、弾くしかない。一応、手の動きとかは、メンバーのセヨンにいろいろ聞きました。どうしたらキレイに見えるのかとか、そういうのはたくさん相談しましたね。弾くことも大事だけど、ミュージカルなので、見え方もすごく大事じゃないですか。それで、そのアドバイスを参考にして弾いてみたら、すごくよくなったと言われたので、セヨンにはありがとうと思いました。


Q.以前のインタビューで、シンさんはドラマが終わった後も、役が抜けないということを話していたんですが、今回、普段生活していても、役が入り込んだりしていますか? 

Jはすごくナーバスな人なんですけど、自分自身もナーバスになってしまって、普段の生活がけっこう疲れますね。最近はすぐイライラしたりします(笑)。実力的にも、まだまだ足りない部分があるから、もっと役に近づかないとなって思いがありまして、普段の生活でも、Jの仕草とかどう表現したらいいのかって悩んだりしていると、性格もJみたいになっていって、いろいろ変わってきました。お母さんにも、この何週間かで「変わった」って言われるし。


Q.自分でも自覚があるということなんですね。

たまに、運転するときも、普段は横からいきなりパッって入ってくる人がいても、イライラせずに落ち着いて対応できるんですけど、最近はそういう人がいると、イラっとしてしまって“あっ、役のせいかな”って思うときがたまにあるんですよ。だから、瞬間的に、Jを感じるときがあります。


Q.役との切り替えはどうしているんですか? 

ナリ(犬)とコーン(猫)と遊ぶと、すぐに戻ります(笑)。癒やされる。あの子たちは赤ちゃんのときから、Jじゃなくて、シン君を見てきたので、すぐに本来の僕に戻してくれます。


Q.先ほど、セヨンさんの話が少し出ましたが、「CROSS GENE」のメンバーの近況も教えてください。

ヨンソクも新しい日本のミュージカル「卓球☆ウォーズ」への出演が決まりまして、すごく成長しているヨンソクを見ながら、いい刺激をもらっています。「生誕祭はちゃんとできたの? 」とか、「ミュージカル頑張ってね」とか応援してくれて、お互いに励まし合っているので、ヨンソクのも見られたら、見に行こうかなと思っています。


Q.タクヤさん、サンミンさんは? 

(タクヤは)ファッションショーに行っていましたね。僕たち、個人活動しているときは自分の仕事でいっぱいいっぱいになるので、細かくは把握できないんですけど(笑)。サンミンは、振付を頑張って作っているって話を聞きました。だから、サンミン に「疲れたときは、これでも食べてね」ってチキンクーポンを送ってあげました。


Q.セヨンさんとは生誕祭でも話していましたが、2人で登山されたと。セヨンさんと行くことになったのはどうしてですか? 

元々、山には僕1人で行っているんですけど、「行く? 」って聞いたら、「行きたい」って言ったんで。


Q.登山の場合、一緒に行く相手と登るテンポが合わないと大変そうですが。

メンバーとは気を使わないでいいし、もうそういうのはないかな。7年も経っているし。もう自分の一部みたいな存在なので。だから、そういうのはもう考えなくてもいいぐらい、テンポは合っています。


Q.「CROSS GENE」のリーダーとして、今後のグループ活動について、どんなことをしていきたいか、ということを教えてください。

韓国での活動はもちろん大事だし、日本をはじめどこの場所であっても、一つ一つの仕事がすごく大事なので、一つ一つを集中してやっていこうと思っているのと、ありがたいことに、僕たちは全世界に応援してくれるファンの皆さんがいるので、そういう方たちが一緒に楽しめるのは、YouTubeとかの動画コンテンツかなと思って、企画していることもあります。まだ1回も行っていない国もあるし、チャンスをたくさん作ることはすごく大事だなと思って、いろんなコンテンツをメンバーたちも考えています。日本のファンの皆さんとも、もっとできることがあればいいなと思って、いろんな企画を考えているので、楽しみにしていてください! 


 生誕祭では、「狂炎ソナタ」について、ミュージカルに出演する自信がなくて、最初は出演を断っていたが、素晴らしい作品だと気づき、最初で最後だという覚悟で参加することを決めたとも語っていたシン。減量もし、ピアノの練習もし、役作り万全で臨む初ミュージカルでどんな姿を見せてくれるのか、とても楽しみだ。

 また、「CROSS GENE」としては、BS日テレにて3週連続放送していた「会いtime! 〜CROSS GENE シアター〜」のDVD-BOX購入者特典イベントが12月1日(土)と2日(日)に都内にて行われ、トークショーでは古家正亨が司会を務め、メンバーたちと楽しいトークを展開するとのことなので、こちらも要チェック! 

「CROSS GENE」オフィシャルサイト
https://www.crossgene.jp/
2018年11月8日17時50分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら

【公演レポ】「MYNAME」、4人4様のソロステージ&インス合流(... 【公演レポ】「MYNAME」、4人4様のソロステージ&インス合流(...
 「MYNAME」が4人体制での初のライブツアー「MYNAME ZEPP TOUR 2018〜KISEKI〜」のファイナル公演を11月1日(木)、東京・Zepp DiverCity Toky...
【会見レポ】チャン・ヒョク、主演ドラマ「カネの花〜愛を閉ざした男〜... 【会見レポ】チャン・ヒョク、主演ドラマ「カネの花〜愛を閉ざした男〜...
 ドラマ「ボイス〜112の奇跡〜」、「油っぽいメロ(原題)」、「バッドパパ(原題)」など話題作に次々と出演している人気実力派俳優チャン・ヒョクが11月14日(水)、東京・豊洲PITにて、ドラ...
【個別インタビュー】NICOLE(ニコル)、「12月の公演も期待し... 【個別インタビュー】NICOLE(ニコル)、「12月の公演も期待し...
 11月11日に開催された「K-GIRLS FES by MORE ME 2018」にシークレットでゲスト出演したNICOLE(ニコル)。  「ほとんど初めて」というウォーキングも楽し...
【個別インタビュー】「CHERRSEE」、新曲「Lady」は“王冠... 【個別インタビュー】「CHERRSEE」、新曲「Lady」は“王冠...
 ことし4月に新メンバー2人が加入し、韓国仕込みのハイクオリティなパフォーマンスを武器に、ますます活動の幅を広げている6人組女性ダンスボーカルグループ「CHERRSEE」(チェルシー)が11...
注目の情報
【オススメの無料ゲーム】

Copyright(C) 2004- 2018AISE Inc. All Rights Reserved.