「仮面」ホヤ(INFINITE)「メンバーに“すごく面白い”と言ってもらえてうれしかった」

韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国芸能ニュース
「仮面」ホヤ(INFINITE)「メンバーに“すごく面白い”と言ってもらえてうれしかった」
「仮面」ホヤ(INFINITE)「メンバーに“すごく面白い”と言ってもらえてうれしかった」
「仮面」ホヤ(INFINITE)「メンバーに“すごく面白い”と言ってもらえてうれしかった」。
「宮~Love in palace」で日本でも高い人気を得るチュ・ジフンと実力派女優スエが初共演を果たした、スリリングなロマンチック・ラブストーリー「仮面」のDVD-BOX2が、6月2日に発売となった。

 この度、ヒロインの弟を好演した韓国アイドルグループ「INFINITE」ホヤのオフィシャルインタビューが届いた。

-作品への出演依頼が来た時のお気持ちと、脚本を読まれた時のご感想をお聞かせ下さい。
出演を提案された時、とてもうれしかったです。まずは僕が地上波のドラマに出演するのは、初めての挑戦なのですごく緊張しましたし、心配したのも事実ですが、ときめきと、うれしい気持ちが大きかったので挑戦したいと思いました。台本を読んだ時は、内容がすごく面白くて、台本を読んでいるだけで、続けて読んでみたい内容だったので出演したいと思いました。

-ご自身の役どころについてお聞かせ下さい。
ピョン・ジヒョクという役柄は無愛想に見えますし、時には冷たく感じるシックな男ですが、家族のことを思う気持ちと、人に非情に接することができないくらい優しくてもろい心を持った人物です。また、一見世間知らずのように見えますが、誰よりも考えが深く、魅力的なキャラクターです。

-ジヒョク役にキャスティングされ、葬儀場や納骨堂、銀行にも行って役作りの準備をしたと聞きました。その他にも体を張った演技が多かったと思いますが、特別に準備したり、心がけたことはありますか。
まずは、この作品に出演する前、演技指導を受けました。僕が歌手デビューする前に練習生として基本を教わったように、今回も演技の練習生のようなマインドで基本から、発音、発声レッスンをしました。そして僕が演技することになる場所である、銀行や葬式にも事前に行ってみるくらい、一生懸命準備しました。ですので、皆さんにもよく見てもらいたいです。

-プ・ソンチョル監督、脚本家のチェ・ホチョルさんからは、リクエストやアドバイスはありましたか。
実は、僕が用意してきた部分を、心配していたのとは裏腹にすごく気に入られて、監督にも初撮影の時から身に余るくらいに褒められて、自信を持てるようになりました。チェ・ホチョル作家にも台本読みの時と、打ち上げの時の2回会ったんですが、初めて会った時に、僕が前に出演した作品をご覧いただいたと伺いました。演技が上手でありがたいと言われて恐縮したんですが、撮影終了後に会った時も自分が書き上げた以上に、上手に表現してくれてありがたいと先に言葉をかけてくれて、とても感謝しています。

-撮影した中で、もっとも印象的だったシーン、気に入っているシーンを3つ挙げて下さい。理由も教えて下さい。
一番印象深かったシーンの1つ目は、僕がヤミ金の取り立てになってお金を返してもらいに行った時、頬を50回は叩かれたのですが、それが思い出に残っています。あんなに殴られたのは10年ぶりくらいです。10年ぶりにたくさん殴られて、気分が良かったです(笑)。

2つ目は姉さんから5億もらった時に、迷いなく破いてしまう場面。普通5億の小切手を破りますか? (笑)その場面もよく覚えています。

一番、思い出深い場面は、撮影最終日くらいだったのですが、回想シーンを撮ったんです。母さん、父さん、姉さん、僕4人集まって幸せに食事するシーンがありました。この場面は特に演技が難しくなかったし、セリフが長かったわけではありません。でもストーリーとして母さんが亡くなってから、そのシーンを撮ったので感慨深かったです。

-姉ジスクを演じられたスエさんとのご共演のご感想をお聞かせ下さい。インタビューでスエさんの作品を全て見ていてファンだったと言われていましたが、初対面から撮影が進むにつれて印象など変わられましたか。
第一印象はとても不思議な感じでした。僕のファンが僕と会った時、こんな気分なのかなあと思いました。不思議だったし、あと初めて演技を合わせた時スエさんの演技する姿に感動してしまって集中できなかったんです。演技がうますぎて。“ああ、これが演技なんだ”と思い、かえって集中できなかったくらい、とても感動しました。

-「応答せよ1997」ジュニ役も印象的でした。あの時は同じ年頃の若い俳優が中心で、撮影現場も楽しい雰
「仮面」ホヤ(INFINITE)「メンバーに“すごく面白い”と言ってもらえてうれしかった」
ロマンチック・ラブストーリー「仮面」のDVD-BOX2

囲気だったのではないかと思います。その後3年ぶりのテレビドラマ出演ですが、先輩に囲まれた撮影現場の雰囲気はどうでしたか。エピソードなどあれば教えてください。
正反対の雰囲気だったと思います。「応答せよ1997」の時は、初撮影からみんなとすぐ仲良くなれました。そのため監督が僕たちを見て、いつも“お前たち、静かにしろ”と言っていました。(笑)“カット”が出たら、あまりにもみんながはしゃぐので。本当の友達のように、すごく楽しく撮影できたし、撮影が終わった後もソ・イングクさんと、ソンジェ役のイ・シオンさんと3人で毎晩お酒を飲んで遊ぶくらい、本当に楽しみながら遊びながら撮影しましたが、今回は僕がずっと一緒にいた共演者たちは、両親役の方とヤミ金の取り立ての先輩方でした。遊べる雰囲気と言うより、学んでいくような感じでした。

-ビョン・ジヒョクは不器用で表現が下手ですが、誰よりも家族想いでした。特にジスクの死後、ジヒョクに家族を守るという責任感が生れたように思いました。演じていている中で、ジヒョクには自然と感情移入できましたか? ホヤさん自身と似ている部分はありましたか。
僕と似ている面もあるし、似てない面もあります。撮影が始まる前に準備する時からジヒョクになろうとたくさん努力しました。ですから、そんなには難しくはなかったです。僕と似ている面は、1つ目は実年齢が同じだということです。それに家庭の事情も似ている面が少しありますし、だから共感できたと思います。無愛想に見えますが、思いやりのある性格も似ていると思います。似てない面は、ジヒョクは、“人生は1発勝負”と思っているのに対して僕は、“人生は積み上げていくもの”と思っているのが、異なると思います。

-ジヒョクはジスクが生きていることを家族の中で唯一知っている存在で、それを隠して二人で会うシーンがとても印象的でした。ジスクがプレゼントしたシャツをこんなの着るかと言いつつも、次に会った時に着て来たりするなど素直になれないかわいさがありました。ホヤさん自身は家族には素直になれなかったりしますか。
実はそういう面もすごく似ていますね。僕は17歳の時から家を出て暮らしているので、当時から体調が悪いだとか、そういうのも家族に話したことはないと思います。中学生以降は。そういうのも話さないし、悩みがあっても家族の前ではプライドなんて必要はないのに、強がって見せるんです。

-ジヒョクを演じたことで、ホヤさんの演技に対する評価もあがったと思いますが、ご自身では何か感じることはありますか。
本当ですか? 褒めすぎです(笑)僕が見るには…ああ、とても見てられないんです。歌っている時やインタビュー映像も演技もそうですが、僕が出ている映像を探して見るのが好きなんですが、自分が演じている姿を見るのは少し恥ずかしいですね。足りない部分、良くない部分など短所を主に見るので、まだまだ全然足りないと思うのが多いのは事実ですね。今後の目標は、自分が見ても“よくできた”と思えるように演じるのが僕の目標です。

-ドラマを見た「INFINITE」のメンバーから何か言われましたか。
実は僕たちは褒め合うことはあまりしません。かえって笑える場面だったり、良くできなかった場面をからかうんです。今回は、からかわれる事がなかったのでそれなりによくできたという証拠だと思います。メンバーのソンジョンが「応答せよ1997」の時は、見ろと言っても見なかったんですが、今回は20話全話見たそうです! すごく面白いと言って、会う度に「仮面」の話をしてくれて…それがとてもうれしかったです! 

-最後にドラマをご覧になるファンに向けて、作品の見どころをメッセージをお願いします。
「仮面」のDVDが日本で発売になります。日本の方たちもすごく気に入るような内容だと思います。必ずご覧ください。ピョン・ジヒョクという役も興味を持っていただけたら本当にうれしいです。ありがとうございました。

「仮面」
DVD-BOX1/BOX2 好評発売中
価格: 各18,000 円+税 【発売・販売】エスピーオー
※レンタルDVD「スペシャルエディション版」レンタル中
【レンタル 発売・販売元:カルチュア・パブリッシャーズ】
(C)SBS

2016年6月2日14時43分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら

「アバウトタイム」イ・サンユン「主役の二人がどんなふうに出会い、関... 「アバウトタイム」イ・サンユン「主役の二人がどんなふうに出会い、関...
 “時間”が止まって、“愛”が始まった――イ・サンユン×イ・ソンギョン主演! 愛だけが実現できる魔法のような瞬間を描いたファンタジーラブロマンス「アバウトタイム~止めたい時間~」。DVD-B...
<インタビュー>スヨン、「少女時代」について語る <インタビュー>スヨン、「少女時代」について語る
 韓国歌手兼女優チェ・スヨン(29)が、「少女時代」の活動を前向きに見ている。  28日、ソウル市内のカフェで行われた日韓合作映画「デッドエンドの思い出」の出演女優スヨンとのインタビュ...
<占い>話題の占い師christy.(クリスティー.)が占う、遂に... <占い>話題の占い師christy.(クリスティー.)が占う、遂に...
 占い師のchristy.です。今回はイ・ジョンソクさんを鑑定したいと思います。 見事なスタイルを生かし15歳からモデルとして活動。2010年に「検事プリンセス」で俳優としてデビュー ...
「私の男の秘密」DVDリリース記念…主演ソン・チャンウィのインタビ... 「私の男の秘密」DVDリリース記念…主演ソン・チャンウィのインタビ...
 善なる男が悪へと変貌? そして凶悪男が善に目覚める? 瓜二つの2人の男と運命に翻弄された女たちが復讐のカルマに堕ちる…。前代未聞の善悪反転キャラを1人2役で演じ切り、KBS演技大賞毎日ドラ...
注目の情報
【オススメの無料ゲーム】

Copyright(C) 2004- 2019AISE Inc. All Rights Reserved. 

e "" Else response.write "数 : " & replace(replace(mid(strResponse, InstrRev(strResponse, ":" )+1 ), "}", "" ), """", "") End if End if end sub %>