<インタビュー>シン・ヘソン、ことしは「SHINHWA」の年にしたい

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
<インタビュー>シン・ヘソン、ことしは「SHINHWA」の年にしたい
<インタビュー>シン・ヘソン、ことしは「SHINHWA」の年にしたい

「SHINHWA」シン・ヘソン(提供:news1)

シン・ヘソンはソロ活動10周年記念アルバムのインタビューで、「今までもらった愛にお返ししたい」という言葉をよく口にする。彼によく合うアルバムジャケットで着ていたピンクの衣装もファンのためだったし、ソロの時にはテレビ出演をほとんどしなかったのが、今回はたくさん出演してみようという計画も明かした。これまでソロではバラードが多かったが、新曲「Roco Drama」は初めてダンスパフォーマンスがあるというのも、ファンに新たな楽しみを与えたいためだった。

 シン・ヘソンは「デビューして18年になるダンスグループのメンバーが、ダンスをするのが難しいのかと言われますが、僕のメインは歌なので、簡単ではありませんでした。10年間、僕がやりたい音楽を続けてきたけど、ファンはどんな音楽でも喜んでくれて応援してくれました。それがありがたいので、今回は僕が好きなものを主とするのではなく、ファンが喜んでくれそうなものを考えて、それに合わせました」と今回のコンセプトを説明した。

 シン・ヘソンは、「バラードのイメージのせいで僕のダンスが見慣れない感じがする可能性もあります。それでもステージを見たときに『ただバラードを歌えばいいのに、どうしてあんなことをしてるんだろう』と思われたらダメじゃないですか。僕もプロだし、ソロで10年やってきたし、『SHINHWA』としては18年やってきた歌手なのに。僕がダンサーではないことは、みんな知っているから、ただ『自分に合うことをやっているな』という程度に感じてもらえたらと思っています。『シン・ヘソンもダンスグループのメンバーだな』と感じてもらえたら、成功ですよ。」

 韓国で最長寿アイドルの「SHINHWA」は、毎年たゆまずグループ活動を続けてきたのに加え、メンバーそれぞれのソロ活動も活発だ。メンバーはそれぞれ自分がやりたい音楽とステージで個性を発揮している。シン・ヘソンは「メンバーのソロ活動に特に刺激を受けることはありません。みんな一生懸命にやっているので、それがいいですね。」

 さらに「ジニ(チョンジン)の場合は久しぶりにソロで出したので、燃えて一生懸命にやっているのが見ていて良かったし、結果も伴ったのでうれしいです。ドンワンも良い音楽をうまく表現していたと思います。2人がうまくやったし、『SHINHWA』 の18周年もあるので、ことしは『SHINHWA』の年にするために、僕も一役買おうと思っています」と強い意志を見せた。

 記念アルバムであるだけに、フィーチャリングを使って他の人の声が入るのは避けたという。「Once Again」プロジェクトアルバムですでにコラボレーションはやってきたので、今回はただ自分の声を聞かせようとしたのだ。
<インタビュー>シン・ヘソン、ことしは「SHINHWA」の年にしたい

「SHINHWA」シン・ヘソン(提供:news1)


 「アルバム自体は3年ぶりに出るものなので、完全に自分の声だけでやったらどうかと思っていました。ナレーションもフィーチャリングも使うことはできますが、『SHINHWA』ではいつもエリックやアンディがやっているので、僕がやること自体がファンにはささいな楽しみになると思ったんですよ。」

 グループではなくソロで活動した10年を振り返りながら「短くはない時間だけど、聞いてくれる人がいなければできないことです」とファンに感謝した。シン・ヘソンは「ソロとして幸せに音楽をできたと思っています。こうしてみると、そういった気持ちをお返ししたいという考えが大きかったです。聞いてくれる人に感謝するのは当然のことです。ありがたい10年だと思っています。」

 大部分の歌手がステージ以外にも演技や公演などで活動領域を広げるのと違い、シン・ヘソンは音楽以外の活動はしなかった。一番うまくできることをしようというのであり、それはシン・ヘソン自身の考えだった。

 「自分が一番うまくできるのは歌うことだというマインドが、以前もそうでしたが今でも大きいです。挑戦することはできますが、正式に何かに挑戦しようとしたら、自ら準備ができていてこそできるもので、今はそういう自信も準備もできていないと思っています。中途半端にするならしないほうがいいと思うし、歌だけをずっとやっていくだけです。ファンの立場としては他の姿も見たいだろうと思います。だからといって歌しかやらないというわけではありません。僕は慎重なタイプだと言えると思います。」

 流れた時間にこだわらない彼は、グループとしてもソロとしても活動を続けることを約束した。シン・ヘソンは「100%満足するアルバムを出すのは難しいでしょうけど、どうにか努力したというのをわかってもらえたらうれしいです。10年間ソロでやり、18年を『SHINHWA』としてやっても新しいものをお見せできて、準備できること自体がありがたいことです」と改めて感謝した。

 「今の夢は何かと言われたら、今のようにこうして長くずっとやりたい気持ちです。今回新たにできる部分があったので、次回はまた新たなものをできるんじゃないかと思います。ずっとずっと一生懸命にやれたらいいなと思います。ことしは僕の公演もあるし、『SHINHWA』の公演もあるので、ずっと走り続けます。『SHINHWA』の年、シン・ヘソンの年になれたらうれしいです。頑張ります。」



2016年1月30日9時14分配信 (C)WoW!Korea


この記事が気に入ったら

<インタビュー>女優イ・ミンジョン、大ヒットドラマ「一度行ってきま...

<インタビュー>女優イ・ミンジョン、大ヒットドラマ「一度行ってきま...
 韓国女優イ・ミンジョンは、今月13日に韓国で放送を終了したKBSドラマ「一度行ってきました」で初めて週末ドラマに挑戦。小児専門病院の内科医ソン・ナヒを熱演し、好評を得た。 最高視聴率...

<Kコラム>スターへの登竜門! ウェブドラマが熱いPart.2~男...

<Kコラム>スターへの登竜門! ウェブドラマが熱いPart.2~男...
 韓国の番組を頻繁に見る人なら「僕の心の中に保存」というフレーズはすっかりお馴染みの文であるだろう。 韓国に「保存ブーム」を巻き起こした張本人であるパク・ジフンが主演を演じるウェブドラマ「...

<インタビュー>女優ファン・ジョンウム、ドラマ「サンガプ屋台」&「...

<インタビュー>女優ファン・ジョンウム、ドラマ「サンガプ屋台」&「...
 KBSドラマ「あいつがそいつだ」が今月1日に韓国で放送を終了した。前世と現世を行き来しながら時には胸を痛め、時にはドキドキするロマンスを見事に描いたファン・ジョンウムは改めて“ファン・ジョ...

<Kコラム>スターへの登竜門! ウェブドラマが熱いPart.1~二...

<Kコラム>スターへの登竜門! ウェブドラマが熱いPart.1~二...
 外出が自粛されている中で再び訪れたドラマブーム。その中でも好きな時間に好きなだけ視聴できるウェブドラマの人気は日々熱くなっている。 10代に圧倒的な共感と支持を受け、ウェブドラマの世界観...
注目の情報
【オススメの無料ゲーム】

Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.