<WKコラム>新オーディション「LOUD」が好スタート!J.Y.Parkの名言も炸裂!気になる日本人参加者の韓国での反応は?

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
 
<WKコラム>新オーディション「LOUD」が好スタート!J.Y.Parkの名言も炸裂!気になる日本人参加者の韓国での反応は?
<WKコラム>新オーディション「LOUD」が好スタート!J.Y.Parkの名言も炸裂!気になる日本人参加者の韓国での反応は?

「LOUD」でボーイズグループを発掘するJ.Y.ParkとPSY。(画像:画面キャプチャ)

また韓国でボーイズグループを選抜する新しいサバイバルオーディションが始まった。6月5日(土)にスタートした「LOUD」(SBS)だ。これがなんと、初回視聴率9.0%(ニールセンコリア調べ)、瞬間最高視聴率は11.3%まで上昇するという好調な出足を見せた。地上波のアイドルオーディションでは過去、ボーイズグループ「UNB」とガールズグループ「UNI.T」が誕生したアイドルリブートプロジェクト「THE UNIT」(KBS2TV)が初回視聴率5.0%、ボーイズグループ「1THE9」が誕生した「UNDER NINETEEN」(MBC)が初回視聴率2.2%だったことを考えると、いかに「LOUD」が注目されているかが分かる。

その話題の中心にいるのが、J.Y.Park(パク・チニョン)とPSYだ。このオーディションを通して、JYPエンターテインメントとP NATIONからそれぞれデビューするグローバルボーイズグループのメンバーを選抜するという目的で、2人は事務所の代表として審査を務めるのだが、そもそも彼らはアーティストとしても異才を放っている存在。J.Y.Parkはビニールパンツを履き、“空気半分、声半分”のささやく歌唱法でダンスを踊り、PSYは「オッパ(俺)は江南スタイル」と“馬ダンス”をしながら飛び跳ねる、いわば奇人たちだ。

そんな彼らだからこそ、歌やダンス、ラップが上手いという技術的な実力より、自分の内面の声をどう表現できるかを知っている“表現力”を持つ人材を発掘しようとしている。J.Y.Parkはスティーヴン・ホーキング博士の名言「静かな人ほど心の中はやかましい」を引用し、「次のスターはそんな人ではないか?そんな人と会いたい」とこの番組に臨む覚悟を示した。

<WKコラム>新オーディション「LOUD」が好スタート!J.Y.Parkの名言も炸裂!気になる日本人参加者の韓国での反応は?

参加者のパフォーマンスを絶賛するJ.Y.ParkとPSY。(画像:画面キャプチャ)

初回放送では、第1ラウンドの模様が公開されたが、審査基準が“魅力舞台”と“実力舞台”の2つだという点もこれまでにないシステムだった。そして、1人目の参加者として、“魅力舞台”で詩のパフォーマンスを見せたドンヒョンがステージを終えると、早くもJ.Y.Parkの名言が炸裂した。

J.Y.Parkは「ある日、“芸術とは何か?”ということを考えたんです。(芸術を)一行で定義できるだろうかと。ドンヒョン君が立っていれば、目、鼻、口、頭、腕、足、これは見える部分であり、もっと重要なのは見えない部分の考え、価値観、性格、趣向。これは見えないから、分かりようがない。でも、詩と一緒にパフォーマンスを見たら、歌いながらダンスをするのを見たら、ドンヒョン君が見えました。だから、芸術は人の見えない部分を見せてくれるものではないか?自分を芸術の形としてさらけ出す人を見つけようとこのオーディションを始めたし、だから名前が“LOUD”なんです。ドンヒョン君みたいな人を探そうとこのようなオーディションを始めたんです」と絶賛したのだ。

これと同じようなことを「Nizi Project」でも言っていたので、基本的にJ.Y.Parkが求めている人は変わらないということだろうが、今後どれだけ名言が飛び出すのか、ということも見どころの一つになりそうだ。

また、気になるのが日本人参加者の韓国での反応だ。初回放送では、ケイジュとコウキの2人が登場。驚くことに、これまで韓国でのオーディションに日本人が参加する場合、韓国語で話すというのが当たり前だったが、2人とも「アンニョンハセヨ(こんにちは)」、「カムサハムニダ(ありがとうございます)」のあいさつ以外、全て日本語で話していたのだ。J.Y.ParkとPSYとは通訳を介してのやり取りで、J.Y.Parkの「なんでこのオーディションに来たんですか?」という質問に、ケイジュが「飛行機で来ました」と答えるというチグハグなやり取りになってしまう場面も。

<WKコラム>新オーディション「LOUD」が好スタート!J.Y.Parkの名言も炸裂!気になる日本人参加者の韓国での反応は?

日本人参加者のコウキ。(画像:画面キャプチャ)

それでも、何よりも驚いたのが、“魅力舞台”でケイジュは「愛嬌ソング」、コウキは「コインマジック」を見せ、それほどJ.Y.ParkとPSYの心を動かせなかったが、“実力舞台”では一気に2人を魅了する、熱狂させるパフォーマンスを披露したことだ。

特に、4歳からダンスを始め、6歳からクランプを踊っているというコウキのパフォーマンスを狐につままれたように見ていたJ.Y.Parkは「僕とPSYを観客にしました」と驚き、ダンスを習いたい人はコウキのダンスと自分の説明を見てほしいとし、何が素晴らしかったのかを解説したのだ。そして、PSYが「僕のミュージックビデオに一度出てください」とオファーすると、J.Y.Parkが「うちの歌手になるだろうから、僕に言ってよ。事務所があるのに、なんで直接話すわけ?」と返すなど、早くも争奪戦!? を展開するほどだった。

番組放送後、韓国のネットユーザーらもいち早く反応し、コウキの過去のYouTube動画を探して見るなど大きな話題となっている。ただ、懸念材料があるとすれば、言葉の問題がありそうなのと、J.Y.Parkも言っていたが、今回は3、4年かけて育てていく人材を見つけるのではなく、すぐにデビューできる人材を見つけるオーディションなので、今のところラップや歌がどれぐらいできるのかという部分が未知数なところだ。とはいえ、第1ラウンドは通過したし、今回の2人の他にも、日本人参加者はまだおり、今後の展開が楽しみだ。
<WKコラム>新オーディション「LOUD」が好スタート!J.Y.Parkの名言も炸裂!気になる日本人参加者の韓国での反応は?

スティーヴン・ホーキング博士の名言「静かな人ほど心の中はやかましい」。(画像:画面キャプチャ)

<WKコラム>新オーディション「LOUD」が好スタート!J.Y.Parkの名言も炸裂!気になる日本人参加者の韓国での反応は?

このオーディションで求める人材について語るJ.Y.Park。(画像:画面キャプチャ)

<WKコラム>新オーディション「LOUD」が好スタート!J.Y.Parkの名言も炸裂!気になる日本人参加者の韓国での反応は?

第1ラウンドの審査をするJ.Y.ParkとPSY。(画像:画面キャプチャ)

<WKコラム>新オーディション「LOUD」が好スタート!J.Y.Parkの名言も炸裂!気になる日本人参加者の韓国での反応は?

トップバッターとして登場したドンヒョン。(画像:画面キャプチャ)

<WKコラム>新オーディション「LOUD」が好スタート!J.Y.Parkの名言も炸裂!気になる日本人参加者の韓国での反応は?

日本人参加者のケイジュ。(画像:画面キャプチャ)

<WKコラム>新オーディション「LOUD」が好スタート!J.Y.Parkの名言も炸裂!気になる日本人参加者の韓国での反応は?

日本人参加者のコウキ。(画像:画面キャプチャ)

<WKコラム>新オーディション「LOUD」が好スタート!J.Y.Parkの名言も炸裂!気になる日本人参加者の韓国での反応は?

コウキに自分のミュージックビデオに出てほしいとオファーするPSY。(画像:画面キャプチャ)

<WKコラム>新オーディション「LOUD」が好スタート!J.Y.Parkの名言も炸裂!気になる日本人参加者の韓国での反応は?

コウキを取り合い!? するJ.Y.ParkとPSY。(画像:画面キャプチャ)

2021年6月9日20時24分配信 (C)WoW!Korea

この記事が気に入ったら

<WKコラム>「有名歌手伝」最終回はTOP3の卒業式!最後の大物ゲ...

<WKコラム>「有名歌手伝」最終回はTOP3の卒業式!最後の大物ゲ...
第1号ゲストにIUを迎え、大きな話題の中、始まったリブートオーディション番組「シングアゲイン-無名歌手伝」(JTBC)のスピンオフ「有名歌手伝」が6月22日(火)放送の第12話をもって終了し...

<WKコラム>チャ・ウヌ(ASTRO)、シン・ソンロクと共に「チプ...

<WKコラム>チャ・ウヌ(ASTRO)、シン・ソンロクと共に「チプ...
6月20日(日)に放送された「イ・スンギのチプサブイルチェ~師匠に弟子入り」(SBS)で、チャ・ウヌ(ASTRO)と俳優シン・ソンロクが卒業した。同番組は2017年12月にイ・スンギ、ヤン・...

<WKコラム>「LOUD」、JYP日本人練習生登場!第2ラウンドの...

<WKコラム>「LOUD」、JYP日本人練習生登場!第2ラウンドの...
6月19日(土)に放送されたオーディション番組「LOUD」(SBS)第3話は、第1ラウンドが終わり、第2ラウンドに突入する模様が公開された。今回も注目されたのは元練習生たちだった。 ま...

<WKコラム>「車輪のついた家2」、最終回ゲストは家を出て帰ってき...

<WKコラム>「車輪のついた家2」、最終回ゲストは家を出て帰ってき...
トレーラーハウスで旅をする全11話のバラエティ「車輪のついた家2」(tvN)が6月18日(金)に終了した。ソン・ドンイル、キム・ヒウォン、イム・シワンのレギュラー陣と共に旅をする今シーズンの...
注目の情報
【オススメの無料ゲーム】

Copyright(C) 2004- 2021AISE Inc. All Rights Reserved.