<Wコラム>地上軍フェスティバル最新リポート! 最終日編

wowKoreaトップ
wowKorea韓国芸能ニュース
 
<Wコラム>地上軍フェスティバル最新リポート! 最終日編
<Wコラム>地上軍フェスティバル最新リポート! 最終日編

最終日のMCはイ・スンギとウニョク

10月6日、地上軍フェスティバルもいよいよ最終日を迎えた。朝には霧がかかっていたが、会場に着く頃には日が差し、雲ひとつない青空の下、秋のお祭りらしい天気になった。

■MCはイ・スンギとウニョク

 入場時間の1時間ほど前には、メイン会場の両サイドには「何時から並んだのか」と思えるほど、すでに入場を待つ長い列ができていて、期待のほどがうかがえた。

 10月6日は、芸能界出身兵士は午後の公演だけであったが、正午すぎからフリンジ会場の公演のMCをスーパージュニアのシンドンが務めた。タイミングをみて合いの手を入れたりしてスムーズに進行させていた。

 メイン会場では、午後1時半からテコンドーや軍楽隊の公演が始まった。MCは、イ・スンギとスーパージュニアのウニョクだった。

■最後まで5人が熱唱

『太陽の末裔』のOSTからの甘いサックス演奏など様々な公演の後、スーパージュニアのシンドン&ウニョク&ソンミン、東方神起のユンホ、そしてイ・スンギという芸能界出身兵士による公演があった。

 この5人は今回の地上軍フェスティバルで本当によく熱唱してくれた。

■すべてを出し切るユンホ

 連日、エネルギッシュな歌と踊りを披露していたユンホ。この日は最後だけに、もてる力をすべて出し切るようなパフォーマンスを見せた。

 ファンの歓声もすさまじく、一番の拍手喝采を浴びていた。

■友情が伝わる最終場面

 すべて終わりかと思ったら、最後に5人で登場した。「これからイ・スンギのダンスが見られますよ」ということで、韓国ではミュージカルなどでもお馴染みの『赤い夕焼け』をみんなで振り付けしながら熱唱した。

 最終日だけに、それぞれが柵越しにタッチしながら最後のファンとの交流を楽しんだ。

曲が終わると兵士がドッと入ってきて、手を組んでひとつになり、全員で終わりの挨拶をした。5日間みんなでやり遂げた気持ちが伝わってきた。

 その後、真ん中の5人を目指して駆け寄り、次々と胴上げをした。芸能人だ、という垣根を超えて、一兵士同士の友情が伝わる場面だった。

 こうして、地上軍フェスティバル2016は、名残り惜しい思いを残しながら幕を閉じた。

文=M.Takahata

写真=K.Aoki、H.Kato
2016年10月7日17時24分配信 (C)WoW!Korea

この記事が気に入ったら

<Wコラム>天才作曲家ウォノ(元MONSTA X)、これまで手掛け... <Wコラム>天才作曲家ウォノ(元MONSTA X)、これまで手掛け...
 2019年10月31日、「MONSTA X」からの脱退を発表したウォノ。 脱退発表から数日が経っても「#ウォノ脱退反対」、「#ComebackWonho」、「#FightforWonho...
<Wコラム>山になった島、ソウル「ハヌル公園」で眺める「IZ*ON... <Wコラム>山になった島、ソウル「ハヌル公園」で眺める「IZ*ON...
 産業化と都市化の時代。社会の急激な変化の中、夢を求め故郷から都市に集まってきた若者たちは苦労して仕事を探す。やっと仕事が見つかり、少しずつ生活に余裕ができ、家族を作ったり、子供が生まれたり...
<Wコラム>ソウル麻浦の「文化備蓄基地」で出会った「未来のTWIC... <Wコラム>ソウル麻浦の「文化備蓄基地」で出会った「未来のTWIC...
 1965年の日韓国交正常化。韓国は産業化の時代に入り、ソウルは急速な都市化の時代を迎える。1973年、世界経済を強打したオイルショック。急成長中のソウルは麻痺状態に陥る。  石油は産...
<Wコラム>「ソウル路7017」で発見した「防弾少年団」 <Wコラム>「ソウル路7017」で発見した「防弾少年団」
 1945年、日本の統治が終わった朝鮮半島。韓国の人々は20年にわたり、理念の衝突と戦争、独裁とクーデータの時代を経験する。そして、1965年の日韓国交正常化。「韓国の産業革命」とも言われる...
注目の情報
【オススメの無料ゲーム】

Copyright(C) 2004- 2020AISE Inc. All Rights Reserved.