ペソンウのプロフィール、画像、最新ニュース

wowKoreaトップ
韓国ドラマ・韓流ドラマのWoWKorea韓国芸能ニュース



  • ペ・ソンウ
  • まとめ
  • 韓流ブログ
  • コミカルから悪役まで多様な演技力を見せる劇団出身の演技派俳優
ペ・ソンウの画像・写真
<SNSや公式サイトなど>

ペ・ソンウの代表作

【ドラマ】
『漢城別曲』(07/KBS2)、『大王世宗』(08/KBS1)、『トンイ』(10/MBC)、『戦友』(10/KBS1)、『あなたしか愛せない』(12/SBS)、『恋愛操作団:シラノ』(13/tvN)、『幽霊が見える刑事チョヨン』(14/OCN)、『ライブ』(18/tvN)、『飛べ小川の竜』(20/SBS)

【映画】
『出勤時間』(03)、『ミスにんじん』(08)、『六穴砲強盗団』(10)、『ビー・デビル』(10)、『裏切りの陰謀』(11)、『依頼人』(11)、『カウントダウン』(11)、『殺人の告白』(12)、『犯罪少年』(12)、『愛の妙薬』(12)、『男子取扱説明書』(13)、『パパロッティ』(13)、『ある母の復讐』(13)、『マイラティマ』(13)、『夜の女王』(13)、『マルティニークからの祈り』(13)、『ハート泥棒を捕まえろ!』(13)、『モンスター』(14)、『保護者』(14)、『情愛中毒』(14)、『私の愛、私の花嫁』(14)、『22年目の記憶』(14)、『ビッグマッチ』(14)、『尚衣院-サンイウォン-』(14)、『工作女郎』(15)、『ベテラン』(15)、『僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~』(15)、『オフィス』(15)、『リバイバル 妻は二度殺される』(15)、『造られた殺人』(15)、『インサイダーズ/内部者たち』(15)、『恋するインターン ~現場からは以上です!~』(15)、『私を忘れないで』(16)、『奴隷の島、消えた人々』(16)、『もっと猟奇的な彼女』(16)、『大好きだから』(16)、『ザ・キング』(17)、『スウィンダラーズ』(17)、『安市城 グレート・バトル』(18)、『メタモルフォーゼ/変身』(19)、『出張捜査』(20)、『ボストン1947』(20)

ペ・ソンウの略歴

韓国俳優ペ・ソンウは劇団出身の演技派俳優。1999年にミュージカル「魔女狩り」でデビューし、主に演劇舞台を中心に活動。その後、映画やドラマに進出し顔を知られるようになる。コミカルから悪役まで多様な演技力を見せる。

ペ・ソンウの最近活動・エピソード

・2020年11月、飲酒運転で立件。



  • 週間ランキング
  • 一覧
Copyright(C) 2004- 2021AISE Inc. All Rights Reserved.