韓国初の海外プロ野球チームGEELONG KOREA「シーズン3」終了…チーム歴代最多13勝達成

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
韓国初の海外プロ野球チームGEELONG KOREA「シーズン3」終了…チーム歴代最多13勝達成
韓国初の海外プロ野球チームGEELONG KOREA「シーズン3」終了…チーム歴代最多13勝達成(画像提供:wowkorea)

韓国初の海外プロ野球チームGEELONG KOREA「シーズン3」終了…チーム歴代最多13勝達成(画像提供:wowkorea)

3年ぶりに戻ってきたGEELONG KOREA(ジーロング・コリア)が長かった3か月間の大長征を終えた。

 ジーロング・コリアは去る22日(日本時間)、豪州でおこなわれたアデレード・ジャイアンツとの遠征試合を最後に、正規シーズン40試合の日程をすべて消化した。

 最終成績は13勝27敗、全体7位。ポストシーズン進出に失敗したが、豪州のプロ野球リーグに初めて参加した2018-19シーズン以来、最も良い成績を記録した。シーズン中、チーム最多連勝(4連勝)記録を更新した。昨年11月20日のアデレード戦では、1試合最多得点の23点を記録した。

 個人成績でも意味ある成績を残した。シーズン中、猛打を振るったソン・チャンウィ(LG)は、シーズン後半まで4割台の打率を維持し、打撃王争いを繰り広げた。最終打率は.324。ソン・チャンウィは1、2ラウンドのオーストラリアリーグ週間最高の打者に上がった。

  21試合に出場したハ・ジェフン(SSG)は11本塁打で同部門全体3位につけた。フルタイムを消化していたら、ホームラン王にもなれた成績だ。

 キム・ギュソン(KIA)も3割近い打率(.281)を記録する印象的な攻撃力を披露した。遅れて合流したクォン・グァンミン(ハンファ)も3割台の打率(.304)を維持した。

 マウンドではチャン・ジェヨン(キウム)の活躍が目立った。6ラウンドを終えて韓国に戻ったチャン・ジェヨンは1勝2敗、防御率3.30を記録した。 30イニングを投球する間、37奪三振、四球は9つしか許さなかった。チャン・ジェヨンは最後の登板で8イニングを消化し、チーム先発最多イニング記録を塗り替えた。6ラウンドの週間最高投手に選ばれた。

 また、異色の記録もあった。ジーロング・コリアのク・デソン初代監督は4年ぶりに再び現役でマウンドに上がり、「50代現役プロ投手」という珍記録を樹立。10ラウンドに合流したク・デソンは3試合に登板し、2と3分の1イニングを自責点なく防御率「0」で終えた。ハ・ジェフンとチャン・ジェヨンは豪州で投手と打者の両方で試合に出場し、「二刀流」を経験した。

 今シーズン、ジーロング・コリアはKBOの7球団が参加。投手26人、打者26人が試合に出場した。ハ・ジェフンとチャン・ジェヨンは投打で出場したため、計50人の選手がジーロング・コリアの2022~2023シーズン選手として記録された。

2023/01/23 17:53配信  Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 2


この記事が気に入ったら


コメント数ランキング

おすすめ情報
SE7EN、 5年ぶり待望の最新作!移籍第一弾EP「RIDE」 11月9日(水)=誕生日にリリース決定!!

「2年ぶりにお会いできて初公演で涙」KEVIN(元U-KISS)来日イベント「KEVIN’S COMEBACK LIVE in JAPAN 2022 ”TIME”」東京にて開催中!インタビューが到着!

韓国映画界のトップスターチョン・ウソン主演!日本未公開の幻の主演作『ビート』がJAIHOでプレミア配信開始!

韓国のポップバンド「GOTCHA !」、4thシングル「DOMANGA」を1/5(水)より全世界リリース!

RM(BTS)が投稿するやたちまち完売となった話題書がついに邦訳!身近なものごとの「うしろ姿」を見つめ思考した、現代美術家による韓国エッセイ『それぞれのうしろ姿』


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2023 AISE, INC., ALL Rights Reserved.
当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。