野球U18W杯、韓国代表は日本との3・4位決定戦で敗れ、4位で大会を終える

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
野球U18W杯、韓国代表は日本との3・4位決定戦で敗れ、4位で大会を終える
野球U18W杯、韓国代表は日本との3・4位決定戦で敗れ、4位で大会を終える(画像提供:wowkorea)

野球U18W杯、韓国代表は日本との3・4位決定戦で敗れ、4位で大会を終える(画像提供:wowkorea)

韓国青少年野球代表チームが「WBSC U-18ベースボールワールドカップ」を4位で終えた。

チェ・ジェホ監督(江陵高校)率いる韓国代表チームは19日(日本時間)、米国フロリダ州サラソタのエド・スミス・スタジアムで行われた同大会の3・4位決定戦で日本に2-6で敗れた。

韓国は今回の大会で7勝2敗の成績を収めた。この日の日本戦の敗北は、韓国が今回の大会で味わった2度目の敗北だった。結局3位決定戦で敗れて、4位で同大会を終えた。

16日のスーパーラウンド初戦で日本に8-0で完勝を収めた韓国はこの日、代表最年少のファン・ジュンソ(奨忠高校)が先発した。しかし、ファン・ジュンソは1回から3連続安打を許し、日本に先制点を奪われた。

続いて、エースのキム・ソヒョン(ソウル高校)が2回1死1、3塁で早くもマウンドに上がったが、4日間の連続投球によって体力が落ちたキム・ソヒョンは、連続四球と2点適時打を許した。結局、再び四球を出した後、アウトカウント1つもとれずにマウンドを降りた。

次の投手、ユン・ヨンチョル(沖岩高校)も2点適時打を許しながら、韓国は0-5まで差をつけられた。その後、ユン・ヨンチョルが3回から6回まで無失点で防ぎ、7回に登板したパク・ミョングン(ラオン高校)が1イニングを失点なしに防いだ。

しかし、打線がなかなか爆発しなかった。5番打者のキム・ドンホン(沖岩高校)が4回に2ランホームランを放ったのが韓国の唯一の得点だった。

一方、決勝戦では開催国の米国が台湾を5-1で下して優勝を決めた。
2022/09/19 21:43配信  Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 99


この記事が気に入ったら


コメント数ランキング

おすすめ情報
SE7EN、 5年ぶり待望の最新作!移籍第一弾EP「RIDE」 11月9日(水)=誕生日にリリース決定!!

「2年ぶりにお会いできて初公演で涙」KEVIN(元U-KISS)来日イベント「KEVIN’S COMEBACK LIVE in JAPAN 2022 ”TIME”」東京にて開催中!インタビューが到着!

韓国映画界のトップスターチョン・ウソン主演!日本未公開の幻の主演作『ビート』がJAIHOでプレミア配信開始!

韓国のポップバンド「GOTCHA !」、4thシングル「DOMANGA」を1/5(水)より全世界リリース!

RM(BTS)が投稿するやたちまち完売となった話題書がついに邦訳!身近なものごとの「うしろ姿」を見つめ思考した、現代美術家による韓国エッセイ『それぞれのうしろ姿』


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.