<韓国Kリーグ>釜山アイパーク、チェ・グァンヒコーチ&チェ・ジュンヒョクフィジカルコーチ合流

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
<韓国Kリーグ>釜山アイパーク、チェ・グァンヒコーチ&チェ・ジュンヒョクフィジカルコーチ合流
<韓国Kリーグ>釜山アイパーク、チェ・グァンヒコーチ&チェ・ジュンヒョクフィジカルコーチ合流(画像提供:wowkorea)

<韓国Kリーグ>釜山アイパーク、チェ・グァンヒコーチ&チェ・ジュンヒョクフィジカルコーチ合流(画像提供:wowkorea)

韓国Kリーグ釜山アイパークのコーチ陣に釜山の“ベテラン”チェ・グァンヒコーチとチェ・ジュンヒョクフィジカルコーチが合流する。

 釜山が17日、選任を発表したチェ・グァンヒコーチは2006年に蔚山でプロデビューし、2008年から2017年まで釜山アイパークで活躍、プロ通算188試合に出場した。2018年からは釜山U-18開城高のコーチとして合流し指導者生活を始め、2019 U-17Kリーグユースチャンピオンシップ準優勝を共にした。ことしからは釜山U-15洛東中学校の監督を務め、2022春季全国中等サッカー大会の準優勝を導いた。

 特に、現在プロで活躍しているチョ・ウィジェ、ホン・ウクヒョン、イ・テミン、イ・ヒョンジュンと軍服務中のクォン・ヒョクギュらを指導した経験があり、ユース選手はもちろん、プロ選手団に至るまで釜山アイパークに対する理解度が高い。また、6月から釜山アイパークを陣頭指揮しているパク・ジンソプ監督が選手として釜山に所属していた2009年と2010年に同僚として一緒に生活し、互いについてよく知っており、よく息を合わせていくものと期待される。

 チェ・グァンヒコーチは「釜山アイパークに選手時代から15年いた。プロコーチとしてパク・ジンソプ監督、釜山の選手団と一緒にでき光栄で幸せだ」とし「監督をよく補佐して私たちが望む位置に行けるように引き受けた席で最善を尽くす」という意志を示した。

 チェ・ジュンヒョクフィジカルコーチも釜山アイパークのコーチングスタッフとして合流する。チェ・ジュンヒョクコーチは慶州韓国水力原子力女子サッカー団のフィジカルコーチを経て、ことしU-23代表チームのフィジカル部門を務めた。チェ・ジュンヒョクコーチは「監督をサポートし、勝利のための土台を固めるために最善を尽くす」と合流の心境を伝えた。

 釜山の関係者は「釜山アイパークをよく知っているチェ・グァンヒコーチが選手団とコーチングスタッフの間の“架け橋”の役割を果たすものと期待される。また、チェ・ジュンヒョクフィジカルコーチの合流でコーチングスタッフのラインナップが心強いようだ。 釜山アイパークの2022シーズン第2幕を期待してもいい」と期待感を示した。
2022/06/17 17:36配信  Copyrights(C) Mydaily wowkorea.jp 2 最終更新:2022/06/17 19:43


この記事が気に入ったら


コメント数ランキング

おすすめ情報
「2年ぶりにお会いできて初公演で涙」KEVIN(元U-KISS)来日イベント「KEVIN’S COMEBACK LIVE in JAPAN 2022 ”TIME”」東京にて開催中!インタビューが到着!

韓国映画界のトップスターチョン・ウソン主演!日本未公開の幻の主演作『ビート』がJAIHOでプレミア配信開始!

韓国のポップバンド「GOTCHA !」、4thシングル「DOMANGA」を1/5(水)より全世界リリース!

RM(BTS)が投稿するやたちまち完売となった話題書がついに邦訳!身近なものごとの「うしろ姿」を見つめ思考した、現代美術家による韓国エッセイ『それぞれのうしろ姿』

オペラ「ザ・ラストクイーン朝鮮王朝最後の皇太子妃」待望のアンコール公演


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.