「撮影で使われた馬が死ぬ」…KBS責任者の動物虐待を告発=韓国

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
「撮影で使われた馬が死ぬ」…KBS責任者の動物虐待を告発=韓国
「撮影で使われた馬が死ぬ」…KBS責任者の動物虐待を告発=韓国(画像提供:wowkorea)

「撮影で使われた馬が死ぬ」…KBS責任者の動物虐待を告発=韓国(画像提供:wowkorea)

韓国の動物権団体「カラ」が、動物虐待論議に包まれたKBSドラマ「太宗イ・バンウォン」の撮影現場の責任者を、動物保護法違反(動物虐待などの禁止)で警察に告発したと明らかにした。

 カラは20日、公式インスタグラムに「結局馬は死に、明白な動物虐待だ」と切り出し、「カラはKBS『太宗イ・バンウォン』の撮影現場で起きている動物虐待の状況を確認したことにより、撮影現場の責任者を動物虐待で警察に告発した」と伝えた。これと共にKBSと制作会社に公文と「動物出演メディアガイドライン」を伝えたと話した。

 続いて「KBS側は撮影現場で強制的に倒した馬が結局死んだことを認めた。事故直後、馬は自ら起き上がり外見上の負傷はなかったが、1週間後に死んだ」と明らかにした。 情報提供映像の中で全速力で走ってきた馬は首を折って倒れており、KBS側の説明も事実確認が必要だと判断する」と指摘した。

 カラは「KBSは今回の出来事を『残念なこと』または『不幸なこと』とする公式の立場を表明しているが、KBSの撮影現場で発生したこの残酷な状況は単純な事故やミスではなく、非常に精密に計画された演出であり、これは故意による明白な動物虐待行為に当たる」と批判した。

 さらに、「放送および映画撮影関係者によると、競走馬から引退した馬がこうした撮影現場に動員されているようだ」とした。

 また「まん延している虐待行為が偶然、視聴者の目に入っただけで、以前にも数多くの動物が撮影現場で虐待され、死に至ったケースもあると推測できる」とし「動物も苦痛を感じる知覚力のある存在であり、生命は撮影現場で使われる小物や道具にはならない」と強調した。

 先立って動物自由連帯は20日、公式インスタグラムを通じて「KBSドラマ『太宗イ・バンウォン』の撮影現場で発生した動物虐待を糾弾する」とドラマの撮影現場の映像を公開した。

 動物連帯は「馬を倒すシーンを撮影する際、馬の足にワイヤーをつけて強制的に転ばせた事実を確認した」とし「ワイヤーを利用して馬を強制的に倒す過程で、馬は体に無理のある倒れ方をし、一緒に落ちた俳優も負傷が疑われるほど危険な方式で撮影された」と指摘した。 

 該当映像が議論を呼ぶと、KBSは公式の立場を示し、「『太宗イ・バンウォン」の撮影中に起きた事故について、責任を深く痛感し、謝罪する」とし、このシーンに使われた馬は「残念ながら撮影後1週間ほどで死んだ」と伝えた。
2022/01/21 08:16配信  Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 88 最終更新:2022/01/21 09:09


この記事が気に入ったら


コメント数ランキング



韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.