LG電子の7~9月売上高 22%増で過去最高=家電・テレビが好調

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
LG電子の7~9月売上高 22%増で過去最高=家電・テレビが好調
LG電子の本社があるビル(資料写真)=(聯合ニュース)

LG電子の本社があるビル(資料写真)=(聯合ニュース)

【ソウル聯合ニュース】韓国のLG電子が28日発表した7~9月期の連結決算によると、本業のもうけを示す営業利益は前年同期比49.6%減の5407億ウォン(約530億円)、売上高は同22.0%増の18兆7867億ウォンだった。四半期ベースの売上高が18兆ウォンを超えたのは初めて。これまでの最高は今年1~3月期の17兆8124億ウォンだった。

 営業利益の減少は、韓国GMの電気自動車(EV)「シボレー・ボルト」のリコールによる引当金(約4800億ウォン)が反映されたことによるものだ。

 事業部別では、生活家電を手掛けるホーム・アプライアンス&エア・ソリューション(H&A)部門が営業利益5054億ウォン、売上高7兆611億ウォンを達成した。単一事業部で四半期ベースの売上高が7兆ウォンを上回ったのは初めてとなる。

 新型コロナウイルスの感染拡大で衛生や健康に対する関心が高まり、衣類乾燥機やホームクリーニング機「スタイラー」、食器洗い機などスチーム家電の販売好調が続いた。また、空間インテリア家電「LGオブジェコレクション」の売り上げが増加したことも業績に貢献した。

 テレビ事業を担うホーム・エンターテインメント(HE)部門は、売上高が前年同期比13.9%増の4兆1815億ウォンを記録。4四半期連続で4兆ウォン台の売上高を維持した。営業利益は2083億ウォンだった。

 グローバル市場でプレミアム需要が増えているのに伴って、有機EL(OLED)テレビ、超大型テレビ、ナノセル(高精細液晶)テレビなどの販売が伸びた。有機ELテレビの出荷台数は前年同期比2倍に増加したという。

 自動車電装事業のビークル・コンポーネント・ソリューション(VS)事業本部は売上高が前年同期比4.8%増の1兆7354億ウォンとなり、シボレー・ボルトのリコール引当金を含めて5376億ウォンの営業損失を計上した。

 ビジネスソリューション(BS)事業本部は売上高1兆6899億ウォン、営業損失123億ウォンを計上した。

2021/10/28 17:52配信  Copyright 2021YONHAPNEWS. All rights reserved.


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

K-POP週間ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2022 AISE, INC., ALL Rights Reserved.