少子高齢化がさらに進む…「人口絶壁」の入り口まで来た=韓国

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
少子高齢化がさらに進む…「人口絶壁」の入り口まで来た=韓国
少子高齢化がさらに進む…「人口絶壁」の入り口まで来た=韓国(画像提供:wowkorea)

少子高齢化がさらに進む…「人口絶壁」の入り口まで来た=韓国(画像提供:wowkorea)

昨年、韓国では総人口の増加率が史上最低水準にとどまり、「人口絶壁の現実化」が目前に迫っている。すでに昨年には、年間の出生児数が死亡者数を下回る「デッドクロス」現象が発生した。高齢人口が大幅に増えるなど、少子高齢化も急激に進み、韓国経済の生産性低下への懸念がさらに高まっている。

 韓国統計庁が29日に発表した「2020年人口住宅総調査結果」によると、昨年11月1日基準の韓国総人口は5182万9000人で前年比0.1%(5万人)増加した。年平均増加率は関連統計を取り始めた1955年以後、歴代最低値だ。

 韓国人は1年前より0.3%(13万3000人)増えたが、外国人(8万3000人減)が1990年以後初めて減少した。新型コロナの余波で外国人の入国が減ったためだ。

 韓国人の中で65歳以上の高齢人口は2019年の約775万人(15.5%)から今年821万人(16.4%)と、初めて800万人を超えた。一方、0~14歳の幼少年人口(618万人、12.3%)と15~64歳の生産年齢人口(3575万人、71.3%)はそれぞれ13万人、19万人が減少した。

 幼少年人口に対する高齢人口の割合を計算する「老齢化指数」は、年間10.1ポイント上昇した132.9で歴代最高値を記録した。老齢化指数の上昇幅は16年(5ポイント)、17年(7.2ポイント)、18年(6.8ポイント)、19年(8.6ポイント)など徐々に拡大している。その分、高齢化が進んでいるという意味だ。

 昨年、人口自然増減(出生児数-死亡者数)が初めて減少(8421人)し、合計出産率(女性1人あたりの予想出生児数)が最低値の0.84人を記録し、少子化も深刻化している。外国人の流入が減り、総人口の減少時期が当初予想した2029年より早くなりそうだ。

 人口構造の変化による生産年齢人口の減少は、経済成長とも直結する問題だ。格付け大手のフィッチ・レーティングスは22日、韓国の国債格付け(AAマイナス)を発表し、高齢化が急速に進んでいることを理由に、潜在成長率を2.5%から2.3%に下げた。

 チョン・ギュチョル韓国開発研究院(KDI)経済展望室長は「高齢化が早くなり、中長期で生産性低下の危機に対応が必要な時期」とし、「少子化解消とともに定年延長の社会的合意などを通じて、高齢層の経済活動の参加率を増やすべきだ」と提言した。
2021/07/30 06:44配信  Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 104


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2021 AISE, INC., ALL Rights Reserved.