「銅メダル獲得」柔道選手への失礼な発言、MBC「選手を激励したもの」と釈明=韓国

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
「銅メダル獲得」柔道選手への失礼な発言、MBC「選手を激励したもの」と釈明=韓国
「銅メダル獲得」柔道アン・チャンリム選手への失礼な発言、MBC「選手を激励したもの」と釈明=韓国
(画像提供:wowkorea)

「銅メダル獲得」柔道アン・チャンリム選手への失礼な発言、MBC「選手を激励したもの」と釈明=韓国 (画像提供:wowkorea)

柔道の韓国代表アン・チャンリム選手が銅メダルを獲得すると、「私たちが望んでいた色のメダルではない」と言ったキャスターの発言と関連し、韓国テレビ局MBCが釈明した。

MBC側は27日「該当の発言と関連し、金メダルを目標として努力した選手、または国民たちがその部分を見つめて応援しており、そこに対する残念さを表現したもの」と、MKスポーツに伝えた。

また、「あの発言のあとには解説のチョ・ジュンホも銅メダルが貴重だと言い、キャスターも選手の流す血と汗が実を結んだものだと話した」とし、「全体的な脈絡としては、血や汗を流して大切な成果を得た選手を激励する、そんな意味だった」と話した。

アン・チャンリム選手は去る26日に、2020東京オリンピックの柔道男子73kg級で3位決定戦で、アゼルバイジャンのルスタム・オルジョフ選手を破り銅メダルを獲得した。当時放送局MBCのキャスターは、「私たちが望んでいた色のメダルではないが、選手たちがこれまで5年間流してきた汗と涙の対価であり、これだけでも私たちは満足できる」と話した。以降、オンライン上では選手の努力を無視する不適切な発言だという指摘が出た。

一方、MBCは去る23日に行われたオリンピック開会式中継で、参加国に対する不適切な説明を行い騒動になった。また去る25日男子サッカーの韓国対ルーマニア戦において、競技中継で「ありがとうマリン、オウンゴール」という字幕を入れ批判を受けた。

これにMBCのパク・ソンジェ社長は去る26日に謝罪会見を開き、「放送綱領と社内規定、内部審議規定を一層強化し、倫理委員会、コンテンツ適正性審査システムを作り、事故再発を防ぐためにすべての努力を傾ける」と明らかにした。
2021/07/28 06:26配信  Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 71 最終更新:2021/07/28 07:51


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2021 AISE, INC., ALL Rights Reserved.