世界トップの半導体受託生産メーカー“TSMC”、日本に続きドイツにも工場設立を推進=韓国報道

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
世界トップの半導体受託生産メーカー“TSMC”、日本に続きドイツにも工場設立を推進=韓国報道
世界トップの半導体受託生産メーカー“TSMC”、日本に続きドイツにも工場設立を推進=韓国報道(画像提供:wowkorea)

世界トップの半導体受託生産メーカー“TSMC”、日本に続きドイツにも工場設立を推進=韓国報道(画像提供:wowkorea)

世界トップのファウンドリ(半導体受託生産)メーカーである台湾TSMCが、日本に続きドイツでの工場設立推進を公式化した。

26日、ブルームバーグ通信によると、マーク・リューTSMC会長は株主に「ドイツ内に新しい半導体製造工場設立を検討する初期段階にある」と明らかにした。

これに先立ち、TSMCは日本での半導体工場の建設を公式化している。TSMCは、現在、日本国内の半導体工場設立のために調査を進めている。

ドイツはTSMCの主要顧客であるフォルクスワーゲンやダイムラーの本場である。TSMCの競争会社であるグローバルファウンドリーは、すでにドイツのドレスデンで工場を運営している。

さらに、インテルもドイツのバイエルンに半導体工場設立のための交渉を進めている。

TSMCとインテルの工場が建設されれば、ドイツは瞬く間にヨーロッパにおける半導体の中心に浮上する見通しである。

TSMCは今年初め、2024年までに計1280億ドル(約14兆円)をファウンドリ設備投資につぎ込むと宣言した。

これに先立ち、TSMCは昨年末、米国アリゾナ州で360億ドル(約4兆円)規模の2ナノ級新工場建設に着手した。TSMCは自社工場を自国内に誘致したい顧客や政府当局と費用を分担することを目標としている。

グローバル半導体メーカー各社は、最近、自動車メーカーなどが経験している半導体不足問題を解決するため、生産量を増やしている。特にTSMCは、半導体が切実に必要な各国政府や主要企業と交渉し、世界の政治において、ますます重要な役割を果たしているとブルームバーグは伝えた。
2021/07/26 17:29配信  Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 79


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2021 AISE, INC., ALL Rights Reserved.