慰安婦少女像の前で土下座する安倍元首相「永遠の贖罪」像、日本で展示会を検討=韓国の植物園長

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
慰安婦少女像の前で土下座する安倍元首相「永遠の贖罪」像、日本で展示会を検討=韓国の植物園長
「少女像の前で土下座する安倍元首相」像、東京で展示会を検討=韓国平昌の私立植物園長(画像提供:wowkorea)

「少女像の前で土下座する安倍元首相」像、東京で展示会を検討=韓国平昌の私立植物園長(画像提供:wowkorea)

昨年7月、韓国で公開され日韓関係の新たな火種となった「永遠の贖罪」像。これを日本の東京で展示する案を韓国・ピョンチャン(平昌)の私立植物園長が検討していることがわかった。

 この像は、旧日本軍の慰安婦を象徴する少女像の前で安倍首相と見られる男性が土下座する構成で、平昌の私立植物園「韓国自生植物園」に設置されている。

 同植物園のキム・チャンリョル園長は「東京で像の展示を検討している」とし、「現在、日本側の後援者を探している」と述べた。なお、具体的な案が固まった場合には「平昌から東京に像を運ぶ計画」としている。

 一方、キム園長は昨年7月、この象が日韓の新たな火種と報道された時、「世論が激しくなり、今回の『永遠の贖罪』銅像の除幕式は取りやめになった」と言い、予定されていた除幕式を中止していた。また「銅像を撤去するほうがいいという意見が出ている」とも話していた。

 当時、「私の私有地に設置された銅像で、誰でも見られるように開放してそのまま展示する」と強調していたキム園長は「ユン・ミヒャン(尹美香:慰安婦の市民運動で国会議員になったが、金銭的な不正が発覚し検察に起訴されている人物)のように、『お金のために銅像を設置した』と誤解され、ストレスを受けている」と話していた。また「わい曲された報道だけを見て悪口を言わず、直接ここへ来て銅像を見て感じてほしい」と述べていた。

 しかし現在、この植物園の入場料は5,000ウォン(約480円)となっている。
2021/06/21 10:43配信  Copyrights(C)wowkorea.jp 4 最終更新:2021/07/08 09:27


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2021 AISE, INC., ALL Rights Reserved.