「BTSの体から絆創膏をはがして」韓国議員が発議した「タトゥー業法」内容は?

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
「BTSの体から絆創膏をはがして」韓国議員が発議した「タトゥー業法」内容は?
「BTSの体から絆創膏をはがして」韓国議員が発議した「タトゥー業法」内容は?

「BTSの体から絆創膏をはがして」韓国議員が発議した「タトゥー業法」内容は?(画像提供:wowkorea)

韓国・正義党のリュ・ホジョン議員が「『タトゥー業法制定案』立案を完了した」とし「先輩・同僚議員の皆さんの共同発議を要請する」と訴えた。

 リュ議員は8日、Facebookに「BTS(防弾少年団)の体から絆創膏をはがせ」というタイトルの掲示文で法案内容を紹介し、韓国国内のタトゥー業に対する偏見を喚起した。法案は現行法上、医療関係者以外は施術できない医療行為と規定されたタトゥー施術を正式産業として認めて、タトゥーイストに免許を発給する内容を骨子とする。

 彼女は「好きな芸能人の体に付いた『絆創膏』を見たことがあるか」とし、「特に韓国の放送によく見られるこの醜い光景は『タトゥー』を隠すための放送局の措置」と指摘。

 続いて「『放送審議に関する規定』のせいではないだろう。“タトゥー行為”がいまだ不法だからだ」とし、「タトゥーが倫理的感情や情緒を害するとか、青少年視聴者に悪影響を与えるという主張は、芸術的表現の自由の前で説得力を失ったにもかかわらず、自由な個人の個性と創意を尊重する世の中の変化に『制度』が追いついていない」と主張した。

 リュ議員は「美しい絵と素晴らしい文句、私たちの周りでよく目にするタトゥーは違法だ。タトゥー人口300万時代、最高の技術力、高い芸術性を持つ国内タトゥーイストたちが世界大会を席巻し、世界の舞台で優れたアーティストとして崇められている間、“K-タトゥー”を韓国だけが無視した」と声を高めた。

 さらに「そこは『産業』として育成されず、そこで働く市民は『労働』として保護されず、そこで起こる経済行為は『税金』にはならなかった」と指摘した。

 リュ議員はまた、ブラッド・ピットやスティーヴン・ユァンのようなハリウッドスターのタトゥーを施術していたアーティストが自ら進んで裁判を受ける状況に言及し、「私たちの芸術的表現行為が本当に『違法』なのか争っている。アーティストと共に数多くのタトゥーイストが集まって労働組合を結成し、自らの垣根になった」とし「国民の代表として、300万と推定されるタトゥー市民の支持と応援の気持ちを込めて彼らに連帯する」と述べた。

 リュ議員は「タトゥーイストとタトゥー業を保護し、国民の健康権を保障する“タトゥー業法”の発議要件を満たして、記者会見を開く」と予告した。
2021/06/08 17:35配信  Copyrights(C)wowkorea.jp 2 最終更新:2021/06/08 20:33


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング

おすすめ情報
新しい映画配信サービス「JAIHO」で独占配信する世界各国の映画祭で絶賛の韓国インディーズの傑作『小公女』予告編&ポスタービジュアル&場面写真解禁

永遠の命を巡る壮絶な戦いを描く、SFエンターテインメント!「SEOBOK/ソボク」予告編&ポスター公開

コン・ユとパク・ボゴムどっちを選ぶ?映画「SEOBOK/ソボク」全3種類のムビチケ発売決定!

韓国でNO.1!大ヒットスタート!!  コン・ユ × パク・ボゴムが贈るSFエンターテインメント SEOBOK/ソボク公開決定・ティザービジュアル・予告編<第一弾>

真髄と夢のルーツを探るドキュメンタリー映画『ジェジュン:オン・ザ・ロード』 公開日が2021年7月2日(金)に決定!ポスタービジュアル&予告編映像も本日解禁!

韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2021AISE Inc. All Rights Reserved.