韓国首相、ワクチン1次接種者の屋外ノーマスク「証明手段」提供へ

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
韓国首相、ワクチン1次接種者の屋外ノーマスク「証明手段」提供へ
韓国首相、ワクチン1次接種者の屋外ノーマスク「証明手段」提供へ(画像提供:wowkorea)

韓国首相、ワクチン1次接種者の屋外ノーマスク「証明手段」提供へ(画像提供:wowkorea)

韓国で来月より、新型コロナウイルスワクチン1次接種を終えた人は不特定多数が集まる集会などを除き、屋外の「ノーマスク」が認められる。

 キム・ブギョム(金富謙)首相は、新型コロナウイルス中央災難(災害)安全対策本部会議で「来月より、ワクチンを1度でも接種すれば屋外でマスクを使用しなくても良い」とし、「接種を終えた人の日常復帰を支援するための措置として、多くの人が集まる集会や行事などは除く」と明かした。

 ワクチン接種者に対するマスク例外などインセンティブを提供する中、具体的な基準を設ける予定だ。

 金首相は「7月から始まる夏休み、休暇などで屋外活動が増えると予想されるだけに、マスクを使用しなければならない例外状況はないのか、より詳しく検討する」とし、「防疫現場で混乱が生じないように安全対策本部は状況別に詳細マニュアルを準備し、予め国民に詳しく案内してほしい」と指示。

 また、この日「ワクチン接種バッジ」を付けて会議に参加した金首相は、今後バッジやステッカーなど様々な証明手段を提供する計画があることも明かした。

 バッジ自体に証明力はないが、モバイルアプリの活用が難しい高齢者のため身分証にステッカーを付着して「ワクチンを接種した」と証明する手段として活用する計画だ。
2021/06/07 10:46配信  Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 4


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004-2021 AISE, INC., ALL Rights Reserved.