韓国、米国空軍「中国ロケット、朝鮮半島に落下の可能性は低い」

wowKoreaトップ
wowKorea韓国一般ニュース
韓国、米国空軍「中国ロケット、朝鮮半島に落下の可能性は低い」
韓国、米国空軍「中国ロケット、朝鮮半島に落下の可能性は低い」(画像提供:wowkorea)

韓国、米国空軍「中国ロケット、朝鮮半島に落下の可能性は低い」(画像提供:wowkorea)

韓・米空軍は、中国が宇宙に打ち上げたロケットの残骸が9日に落下すると予想し、予測地点を追跡していることが分かった。

8日、軍消息筋によると、韓・米空軍は、中国の大型ロケット「長征5号B」の残骸が韓国時間で9日午前に落下すると予想し、これを追跡している。落下予測地点は、当初、オーストラリア近くの南太平洋とされたが、メキシコ湾の可能性も提起されているなど、流動的だと伝えられた。

米国宇宙司令部もロケット落下地点を追跡中だが、「大気圏再進入の数時間前になるまでは、正確に把握することができない」と述べている。

軍消息筋は「落下予測地点が常に変わっているが、朝鮮半島は含まれていない」とし「韓米の協力で状況を注視し、情報を共有している」と述べた。

空軍によると、制御不能状態である長征5号Bロケットの残骸重量は22.5t、長さは30mに達する。

空軍宇宙情報状況室は、米国宇宙司令部連合宇宙作戦センター、韓国天文研究院と協力し、情報を共有しながら、準備態勢を維持している。

前日には、米連邦宇宙作戦センターと長征5号Bロケットの残骸落下に備えるため、オンライン会議を開いた。

2015年7月に創設された空軍宇宙情報状況室は、米国が提供する情報に基づいて、宇宙の脅威を分析し、衛星の衝突・墜落に備える任務を遂行している。
2021/05/08 21:30配信  Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 78


この記事が気に入ったら



コメント数ランキング


韓国ドラマ・韓流ドラマ、韓国芸能情報のワウコリア
Copyright(C) 2004- 2021AISE Inc. All Rights Reserved.